征夷大将軍 『徳川家康』 その12

『竹千代、織田家の捕虜に』

石川数正をはじめとし、武士28人、雑兵50人余り、竹千代の遊び相手として、阿部徳千代(6歳)が供をして

岡崎を出発すると、途中、三河田原の城主・戸田康光が迎えた。

広忠の後妻は、この康光の娘であるから、康光は竹千代(家康)にとって義理の外祖父です。

三河田原城
mi.三河田原城

康光は

「陸地は敵多く危険でござれば、舟路でお送り申そう」

と言って、西郡(蒲郡)から船に乗せ、ひと先ず吉田(豊橋)に連れて行った。(改正後風土記)

田原に連れて行ったというのが三河物語の説です。

康光には野心があり、かねて織田家の志を通じていたのです。

やがて、駿河に送るといって、また船に乗せて着いたところは尾張の熱田であった。

「三河岡崎の松平広忠嫡子の竹千代、当年6歳になるを、今川家へ人質に遣わすを、かねて内々申し上げお

きました通り、途中奪い取ってまいりました。これを人質としてお召しおきなされば、やがて子の愛に引かれて

広忠が幕下に参ること必定と存じます」

と申し送った。

織田信秀は喜び一方ではなく、宰領(さいりょう)してきた戸田政直(康光の子)に青銅100貫をくれたという。

(改正後風土記)

思いもかけず尾張に連れて来られて、竹千代に随従して来た者どもは驚き怒ったことでしょう。

多少の反抗もしたことは「かくて討ち残されたお供どもの輩(やから)はただ茫然として・・・」とあるによっても

明らかですが、それにしても方向もまるで反対の熱田に来るまで気がつかなかったのは迂闊な話です。

しかし、海上では不馴れな者は方向が分からないことはありそうなことで、当時の人々は旅に出ることも少な

かったのですから、不思議ではないのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20140807



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:伊勢国桑名
村正は、伊勢国桑名で活躍した刀工です。
「村正」の銘は、桑名の地で代々受け継がれ、江戸時代初期まで続いたそうです。

≪本日の問題≫


                                <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

いいですよぉ

こんばんは。見つめられたら踊り出すつねまるです。うっほうっほ。

わたくし、愛知県産です。蒲郡といえば、夏休みの自由研究で、竹島の自然を見に行こうと生まれて初めて一人で遠征。ふなむっしーがいっぱいで、泣きながら父を呼び出し、おんぶしてもらって探検。にがい。

蒲郡から豊橋と、蒲郡から熱田では、あほーでもわかるだろうに…。岸が見える方向が逆向きやのに。きっと、すんごく沖を通ったのでしょうね。

つねまる さま

つねまるさん、こんばんは!

うっほうっほ。

一緒に踊るために、踊りの記事にしました(^O^)/

来週末は岐阜・愛知をうろつきたいと思っているよん-_^ 

> 蒲郡から豊橋と、蒲郡から熱田では、あほーでもわかるだろうに…。岸が見える方向が逆向きやのに。きっと、すんごく沖を通ったのでしょうね。

アホ以上だったのか、あるいは沖を走ったのでろうね~。

あのね、名古屋って味噌系の他は、何が美味しいのだろうネ^д^

親との縁薄し…

こんばんわぁー(;´Д`)b

誕生日だけじゃなくて…

この竹千代時代の人質生活を…
ついつい自分に重ねてしまう…( ´_ゝ`)…。

私にも誰か…銅銭を紐でつないで…
貯金しててくれないかな…(笑)

Soive さま

Soiveさん、こんばんわー(^O^)/

Soiveさん、暑すぎて疲れていますね-_^

竹千代も人質時代を楽しんだ筈ですから、

Soiveさんも、今とこれからを楽しんでくださいね☆


近頃、感じています。
楽しむために、生きているんだなぁーって(^O^)/
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ