『黒田官兵衛』 その36

『如水と号する』

黒田家譜では、官兵衛が入道して如水と号したのは、朝鮮役が始まって2年目で、この年の2月、官兵衛は

浅野長政とともに朝鮮派遣軍の相談役を命ぜられて渡鮮し、数月の後に病気と称して帰国している。

朝鮮侵攻
ty.朝鮮侵攻

これは石田三成が「官兵衛殿は在鮮中浅野弾正殿と碁ばかり打っていて、軍事の報告に行ってもろくろく相

手になろうともしなかった」

と、秀吉に報告したので、秀吉は怒って御前に出ることを禁止した。

その時、剃髪したというのです。

確かに剃髪したのは、この時であったのでしょう。

秀吉が官兵衛の在鮮中に遣わした書状には全て「黒田勘解由(かげゆ)どのへ」と、官命をもってあて名を

書いているのです。

また三成が報告したような事実もあったのでしょうが、官兵衛と浅井長政の朝鮮滞在中の生活は面白くなか

ったのでしょう。

軍奉行として行っている三成、大谷刑部、増田長盛などは若くして気負っているだけに、この老人らを邪魔も

のにして、自分たちだけでことを裁いて、ろくに相談もしなかった。

単なる相談役で何の権限も与えられない2人は、それをどうすることも出来ない。そこで、好きな碁を打って

憂さ晴らしするより他はなかったのでしょう。

官兵衛が病気だといって帰国したのも、意味のない在鮮だったからでしょう。

官兵衛が入道して如水と号するようになったのは、秀吉の怒りが昂じて、ひょっとして身の破たんとなるかも

知れないと思案したからのことであったが、本営へは平気で出入りしたという。

御前を遠ざけられているから、秀吉の御前にはでなかったが、隣の部屋くらいまでは出入りして、大きな声で

談笑して少しもはばかることがなかったという。

なまじ閉居してすくんでいては、かえって危ないと見たからです。

秀吉が謹慎中に長浜城で、ドンちゃん騒ぎをやっていたのと同じですね。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20140823



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫ (8月16日の出題です)
正解:築山殿
築山殿は、今川家一門である関口親永の娘で、今川義元の養女となり松平元信(後の徳川家康)と結婚しています。
築山殿・築山御前という呼称は、長く岡崎城郊外の築山に居住していたので、そう呼ばれていたそうです。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

好物です!

こんばんは。きゃ、なんてもちもちの後ろ姿でしょう!

官兵衛の思慮深さを見習わなくては。来なくていいと言われたら、ラッキー♪っと素直に遊んでしまいます。いかんいかん。

☆〇〇〇 さま

☆〇〇〇さん、こんにちは。

そうですよね。
官兵衛さんの活躍は、中国の平定と小田原征伐、そして
九州の関ヶ原の戦いでしょうか。

如水としての晩年に魅かれてしまいます。^^
やはり、大物なのですね。

つねまる さま

つねまるさん、こんばんわ~

やば、pigletに「つねまるさんに注意!」と伝えておきます´-∀-`

はい、はい。同感です!
できれば、遠くにいたい感じです。´∀`
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ