征夷大将軍 『徳川家康』 その21

『先方で活躍する元康(家康)』

岡崎勢が押し寄せてきた。

元康(家康)の母・お大の兄・水野信元は侮り切っている。

「なにほどのことであろう。ひと当てに蹴散らせ」

と3百余騎、一団となってまっしぐらに駆けよせ、岡崎勢の中央を突破しようとした。

家康が贈ったという松平信一の具足
ma.松平信一の具足

元康(家康)は下知して、歩兵を折り返えし槍の穂先を揃えて構えさせた、急に立って敵の馬の太腹・胸掛

・平頸あたりを突き立てさせた。

水野勢の先手の馬は狂い立って倒れ、続く者はこれに乗りかけて倒れ、兵は落馬する。

全軍しどろもどろとなって乱れるところを、後陣に控えた岡崎の騎馬隊がドッと突進したので、水野勢は崩れ

立ち70余りの死体を残して城中に逃げ込んだ。

この後、元康は寡兵をもってしばしば織田方の豪族を打ち破ったので、勢いになびくのは弱者の常です。

知多郡の豪族らは、大半は今川方となった。

信長は安からぬことに思った。

勢いを挽回するために徹底的に快勝を得、敵対した者を最も残酷に処罰することを必要と考えている。

兵1千余りを元康の一族・松平信一が篭る尾張春日井郡の品野城に遣わし、向い城を構え昼夜3日間猛

攻した。

一時に攻め落として、城兵全部を殺して首をさらしものにする算段であった。

しかし、城兵はよく防いで3日の猛攻によく耐えた。

「この城は力攻めではいかぬ。気長に食攻めにしよう」

と、少し遠のき包囲した。

ところが数日後の風雨の夜、城方では寄せ手が構えた向い城に、忍びの者を入れて放火し、同時に250人

が斬り入ったのです。寄せ手は油断しきっていたことで、散々になって敗走した。

このように今川家にとって、元康を主将とする三河武士を西進の先手にしたことは、この上なく有利となった

のです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20140827



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:伝通院
松平広忠の正室で、徳川家康の母(お大)は、晩年は伝通院と称し家康が滞在する山城伏見城で死去。遺骨は江戸小石川の傳通院に埋葬されています。
ちなみに、崇源院は浅井三姉妹の江、常高院は浅井三姉妹の初です

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ