『黒田官兵衛』 その43

『この世にいて古人のふるまいをなす』

関ヶ原の戦いがあった暮れに、如水は家康の命によって大坂に上り家康に会った。

黒田官兵衛(1546-1604年)
ku.黒田官兵衛

家康は関ヶ原における長政の働きぶりを誉めたり、九州路における如水の合戦ぶりを聞いたりして

「この度の勝利、ひとえにおことらの父子の働きによる。甲斐守(長政)にはすでに筑前をまいらせたが、おこと

には別に上方で領地を進ぜよう。いずれなりとも望まれるよう。また官位も進めるよう朝廷に執奏したい」

と言うと、如水は

「身にあまる御定でござるが、老年といい、また多病でござる。すでに愚息に大国を賜りました以上、拙者には

もう官録の望みはござらぬ。この上は長政の養いを受けて、余生を安らかに送りたいと存ずる。願ところは身の

暇をいただきたいだけでござる」

と言ったので、家康は

「この世にいて古人のふるまいをなすとは、そなたのことじゃな」

と感嘆したという。

あざやかな転身ぶりです。


もっとも、この話には異説があり、武功雑記では

家康がいっこうに如水に恩賞をしようとしないので、井伊直政と藤堂高虎らが如水に同情して、家康に運動する

と、家康は笑って

「如水が働きは底心知れぬことなれば、長政にのみ恩賞してよきぞ」

と言ったという。


しかし、前述の方は、黒田家に伝える書物にあるだけでなく、徳川家で訂正加筆編集した「改正三河風土記」に

もあるので、こちらがいいですね。

また、見切りと変り身の素早い如水の風格が出ている点でも、前者の方がいいです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141012


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:高山城
金森長近は関ヶ原の戦いでは可重とともに東軍に与し、戦後、飛騨に加え美濃郡上八幡城攻めなどの功を賞されて2万石を加増、徳川家康より飛騨守に推挙され初代高山藩主となっています。

≪本日の問題≫


                                      <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

保身♪

おはよーぃ(*´∀`)ノ

決して…二日酔いではないぞぉーぃ(笑)

『狡兎死して走狗烹らる』

故人のふるまいとは…越に仕えた范蠡…
漢の功臣、張良の身の処し方を指してるのかな(*´∀`)?

家康公も古典に通じた人物なので…
内心はともかく…わかりやすいかたちで無欲アピールで…
黒田家の安泰を図ったのでしょうね♪

Soive さま

Soiveさん、こんにちわぁーーい(^O^)/

> 決して…二日酔いではないぞぉーぃ(笑)

おお~、元気にしているね~^д^

今日は、増上寺にいってえらい目にあって帰ってきたよー`・ω・´

> 故人のふるまいとは…越に仕えた范蠡…
> 漢の功臣、張良の身の処し方を指してるのかな(*´∀`)?

陸賈みたいなところかも知れないね。

> 家康公も古典に通じた人物なので…
> 内心はともかく…わかりやすいかたちで無欲アピールで…
> 黒田家の安泰を図ったのでしょうね♪

戦国時代のの身の振り方知り尽くしていたのだよね。
彼の晩年の過ごし方は、やりたいことは全てやったという
境地になれていることが、素晴らしいと思う。

秀吉さんや家康さんより、充実した人生であったような気が
する。
そうありたいですね^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ