FC2ブログ

征夷大将軍 『徳川家康』 その42

『築山殿が息子の妾の世話』

家康は29歳で浜松へ移った時、築山殿を岡崎におきざりにした。

築山殿は39歳です。

女性は本質的に母性愛があるからでしょう。年下の亭主はかわいいそうですから、築山殿も家康が可愛

かったのしょうが、家康がそれに応えてくれず、岡崎に置き去りにしたばかりか、浜松でいろいろな女を愛

して勝手なことばかりしているので、いつかはそれが憎悪になったのでしょう。

そう解釈してよい行状が築山殿に現れてきます。

浜松城 (浜松城登城記は「こちら」です。)
ha.浜松城 004

築山殿は先ず息子の信康夫婦の間に水をさしはじめた。

信康の妻は信長の娘・徳姫です。

この徳姫が2度続けて女子を生んだので、築山殿は信康にこう言ったという。

「武将たる者は男の子を生まねば頼もしゅありません。女子ばかり生んでもなんの甲斐がありましょう。国

大名が妻一人だけを大事に守っていることはありません。出来るだけたくさんの男の子をもうけるようにな

さるがよい」

性的ヒステリーの母にはよくある話なのかもしれません。

息子夫婦の仲が良いことが妬ましくてならないのです。

信康はこの頃20歳位で血気盛んな年頃だし、ことに戦場におけるその勇猛な働きから見ると、体質も強壮

であったでしょうし、母の口からこんなことを聞いてはたまるものではないところに、築山殿は甲州侍日向某

の妾腹の娘が本妻から追い出されて岡崎に来ている娘が美貌であると聞いて、これを買い取って信康に勧

めた。

信康が頂戴しないわけはありません。

これが徳姫に知れたから、今度は徳姫が嫉妬することになります。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141031のコピー



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:織田信長
越前国の戦国大名で朝倉氏の第10代当主である朝倉孝景の長男として生まれる
1573年8月8月信長率いる織田軍は柴田勝家を先鋒として一乗谷に攻め込み、手当たり次第に居館や神社仏閣などを放火。この猛火は3日3晩続き、これにより朝倉家100年の栄華は灰燼と帰し、賢松寺に逃れていた義景は自害しています。

≪本日の問題≫


                                       <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔いたします。

築山殿のお話はいつ聞いてもぞわ~っと。
・・と言いつつ続きお待ちしております。

戦国の合戦99の謎 入手出来ました!!
P33から読み始めます!!

おきまちあき さま

おきまちあきさん、こんにちは。

とうとうゲットされましたか^^

築山殿のことはよくわかりませんが、家康さんの下賤好みに
結びつけているところが面白いですよね♪

No title

この時代は気が強く、ヒステリーな女性が多いように思います。そうじゃなきゃやって行けない時代だったのか。見習いたくはないものです・・・

えどっこっこ さま

えどっこっこさん、こんにちは。

随分と城廻りが進みましたね☆

そう、結構強いですよね。
実際は、史実は不明ですからどうだったのか良くわかりませんが・・・。

>見習いたくはないものです・・・

弱い必要はないですけど、強すぎるのも如何なものでしょうね!
普通が一番ですね☆


プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム