『黒田官兵衛』 その50

『黒田官兵衛まとめ』 その2

一田舎大名の家老から身を起こし、ついには嫡子・長政にいたっては筑前50余万石の地位を得たという結果

から見れば、まさに国盗りゲームの勝利者ですが、彼には下剋上はなかったのです。そればかりか、臣である

自分を裏切った主人(小寺政職)の助命運動さえしています。

黒田官兵衛(1546-1604年)
ku.黒田官兵衛 002

官兵衛の生涯において最も不可解な部分は関ヶ原合戦の時、他に先んじて九州北部を制圧したことであり、

あわよくば石田三成に代って家康と一戦、という気配を見せたことです。

あるいは、自分がその気になれば天下だって取れるのだぞ、というところを見せたかったのかも知れません。

もし、そうだとしたら、それはそれで官兵衛の持っていた稚気のようものでしょうか。

それまで寡欲であった官兵衛が、とたんに城取りゲームを開始したのです。

とはいってもその合戦は、城は取っても血を流さないという方法で、城方も

・官兵衛に攻められたら敗ける

・官兵衛に敗けても辱ではない

・官兵衛に開城すれば全城兵の命は保証される

と信じていて、短時間で九州制圧になったのでしょう。

官兵衛は戦国時代を勝ち抜きながら、ヒューマンな人間対応の寛容さは稀有というほかはなく、官兵衛を単に

「軍師」のみで評価することは足りないということでしょう。

死に及んで長政に与えた遺訓などは時代を超えて、上に立つ者の心がけを明示していて、心にくいほどです。


官兵衛さんに一度お会いして、一献交わしてみたい気がします。

一年に渡り、黒田官兵衛にお付き合い戴きありがとうございました。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141129


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫ (11月23日の問題)
正解:荒木村重
官兵衛は、荒木村重を翻意させるために、有岡城に乗り込んだが土牢に幽閉されています。

≪本日の問題≫


                                     <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

うん♪

こんにちは(*´∀`)ノ

官兵衛さんは…軍師のレッテルを貼られてる感じ(笑)

智謀だけで語る御仁じゃないですよね☆

ありがとう!

こちらこそ、ありがとうございました v-218v-17
次が楽しみ e-266

Soive さま

Soiveさん、こんばんは。

官兵衛さんは、どんな人であったのだろうね❛︵❛
明日が見えない戦国の時代に翻弄されながら、自分を失わなかった
人であったことは、間違いないことでしょうね。

> 智謀だけで語る御仁じゃないですよね☆

どんな方法で知識を得たのか、興味あるところだよねー・∀・

ボス。 さま

ボス。さん、こんばんは。

いつもありがとうございます♪

いよいよ官兵衛さんの大河も大詰めですね!
脚色が強すぎる感もありますが・・・。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ