我に七難八苦を与えたまえ「山中鹿介」 その22

『新宮党の遺子・孫四郎』

富田城を開城し義久兄弟が降伏した時、鹿介らが尼子家の再興を将来に意図していたかどうかは疑問ですが、

陰徳太平記には、開城すべきか、あくまで拒守して餓死すべきかの相談が行われた時、わずかに残る家臣が、

「速やかに城を渡し、命を全うして時節を待たせ候え。元就も年60有余、余命はいくばくもござるまい。元就さえ

なくば、謀を巡らして毛利家を倒さんこと、いと易くござる」

と言った記述があるといいますが、これは書き過ぎなのでしょう。

毛利元就(1497-1571年)
mo.毛利元就 001

当時の情勢から見て、毛利家が義久兄弟を野放しにしておく筈はなく、必ず監視下に置くに違いないと考えるの

が自然です。

とすれば、誰を奉じて再興するかということです。

尼子の血統を伝える者が、義久3人以外にあるとは当時はわからなかった筈です。

後に鹿介らが奉じて立った新宮党の遺子・孫四郎(勝久)の存在くらいは知っていたのでしょうが、それが無事で

いるのか、奉じるに足りるほどの器であるのか、わかっていたとは思えないからです。

富田城を開城した時点で再興を考えたのではなく、浪人して歩いているうちに孫四郎の存在を確かめ、孫四郎と

会いその人物を見て初めて奉じることが確定的になったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20141229


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:霧隠才蔵
霧隠才蔵は、「霧隠鹿右衛門を元にした架空の忍者」で、伊賀忍者の頭領・百地三太夫の弟子とされています。



                                         <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

めぐりあい

こんばんはですばぁい。いつもお世話になっております。
鹿くんも歩けば尼子にあたる?確かに鹿くんの立場では存じませぬ、な、尼子の彼ですね。ふむふむ。

pigletくん、なんかええもの買ってもらったのかなー?ほんとにかわいいなー。今日はまたpigletくんの追っかけしましたわ。ちびっこの時のpigletくんに鼻血洪水したり、旅するぴょんぴょんにほっこりしたり。

つねまる さま

つねまるさん、おばんですばーい♪

鹿くんは尼子家での地位はないに等しいですからね。
むりくり尼子家の再興を演じますが、自分のためだった気がします。

なんか、三成くんと似ているところがありそうです。͒˃⌂˂

でも、鹿くんは純粋だと信じて先に進めて行きたいものです^^

> pigletくん、なんかええもの買ってもらったのかなー?ほんとにかわいいなー。今日はまたpigletくんの追っかけしましたわ。ちびっこの時のpigletくんに鼻血洪水したり、旅するぴょんぴょんにほっこりしたり。

今日は、お正月の3人分のうさ食料の買出しでした♪
ホームセンターですから、pigletも入店OKです。

pigletの旅は、記事の中に埋没していますので、探すのは大変ですよー。
旅の代表は、上田城だと思います^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ