美濃のマムシ 「斎藤道三」 その23

『土岐頼芸没する』

1547年に、道三は再び土岐盛頼(頼武)を攻めた。

盛頼は自殺し、頼芸は越前に落ちたが、朝倉家が冷遇し始めたので、関東の上総の万喜に同族・土岐頼尚

に頼んで流落して行ったが、間もなく眼病を患い失明してしまった。

ずっと後年の天正年間(1573~1592年)になって、土岐氏の旧臣である稲葉一鉄がその流落をあわれん

で迎え、5百石を与え侍女5、6人をつけていたわり養ったので、気楽な老後となり82歳で没したという。

この土岐頼芸や駿河の今川氏真の生涯など、名家に生まれた不肖な戦国大名の典型的な例です。

頼芸は82歳、氏真は77歳まで生き、当時としては随分と長生きしたものですが、本来の性格が気楽にでき

ていて、苦しみが身にしみない人間であったからでしょうか。

ぎすぎすして生きるより、まったりと生きて行く方が長生きの秘訣なのでしょうね。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20150324



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫ (3月22日の問題)
正解:家康のキリシタン国外追放令

高山右近は、1588年に加賀金沢城主の前田利家に招かれて、扶持を受けて暮らしていたが、1614年の徳川家康によるキリシタン国外追放令を受けて、加賀を退去しマニラに渡っています。

≪今日の問題≫


                                        考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

土岐頼芸公

こんばんわぁー( ´Д`)ノ

国主の座を奪われたことよりも…
鷹の絵が書けなくなってしまったのが哀れやのぅ(;´Д`)b

なんとなく…
北宋の徽宗と重なってしまう…イメージっす( ´Д`)>

Soive さま

Soiveさん、こんばんわ~(◎o◎)/

そうですね。
徽宗さんも鳥画が得意だったのですよね。
確か、日本にある絵が国宝になっていたかと思うし・・・。

でも、緊張感のない人だったから長生きできたと思うし、
この時代に国主として生まれたのに、不幸な結末になって
しまい、かわいそうですね˃⌂˂
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ