美濃のマムシ 「斎藤道三」 その27

『道三への憎悪』

義龍は自分が道三の実子でないことを知らなかったので、急速に自分に対する愛情がなくなった道三の仕

打ちに怒り、日根野弘龍・長井道利の2人を招いて、このことを語ったところ、2人は

「それはその筈でございますよ。実を申し上げると、殿は先太守・土岐頼芸の子で、道三殿のお子ではあり

ません。その訳はしかじか。道三殿は殿の御実父でないばかりか、殿の御実父たる土岐頼芸公の国を奪っ

た追い出し申したのであります。殿のためには正さしき父君の仇。もし、殿が父子の縁を切って、道三討伐

の拳を思い立ち給うなら、一国の諸豪族らは忽ちお味方に馳せ参ずること必定であります。」

と言った。

義龍は驚き、憤り、道三に対する憎悪を燃え立たせた。(諸日記)

斎藤義龍(1527-1561年)
sa.斎藤義龍

一方、江濃記では

道三が義龍を廃して龍重を立てようと妻に語ったところ、6歳の3男・龍定が側で聞いていて、これを龍重

に話した。

それを義龍が聞きつけて、道三を恨んで討ち取ることを計るようになったとしている。


また、信長公記では、

「だいたい惣領というものは気がのんびりしておとなしいものである。然るに道三ほどの人物も年老いては

知恵の鏡も曇るのか、義龍をアホとばかり考え、弟2人を利口者として大事にし、官位など貰ってやったり

したので、弟どもは調子に乗って義龍を軽んじるようになったので、義龍は人目を恥じて無念骨髄に徹し

た」

という。


いずれにしても道三が、義龍をおろそかにしたということは間違いないのでしょうね。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



背中のブタさんが落ちそうですよ!
pig 20150330



『戦国クイズ』

≪前回の解答≫ (3月28日の問題)
正解:一色
斎藤義龍は父殺しの汚名を避けるため、足利氏の一門である一色氏を称して、一色左京大夫と名乗っています。
義龍の母・深芳野の母方の祖父が尾張知多郡守護の一色義遠、あるいは深芳野の父が一色義清であるとも言われます。

≪今日の問題≫




                                    <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

しいーっ

こんばんは。いつもお世話になっております。
余計な事を耳に入れないで欲しいなぁ。いや、マムシ本人があからさまな嫌い方をしてたのかしら。
ドロドロですねぇ。しくしく。

pigletくんのpigが落ちたら、let?

つねまる さま

つねまるさん、こんにちわー♪

マムシ様は人生を楽しむために生きていたのでしょうね。
まったり気分などは持っていなくで、賛否否否は別にして
全力で走り続けたのでしょうね・∀・

> pigletくんのpigが落ちたら、let?

まったそのとおりで、let it be でわが道をいくのでしょうか^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ