美濃のマムシ 「斎藤道三」 その30

『信長へ援軍依頼』

幾度の戦いがあったが、戦うごとに道三の兵は人数が少なくなっていく。

これはその筈です。同等の損害を受けても、軍勢が少ない道三方の痛みが大きいのです。

年が明けて1556年4月18日、道三は山県を出て、鶴山に登って陣を布いた。

稲葉山城の北西方向の長良川
na.長良川

江濃記によると、稲葉山から3里ほどの距離にある高山だといいますが、地図では確認できません。

道三は有無の一戦を決心していたので、ここに出るにあたって、織田信長へ使いを出し

「お味方たまわらば、美濃国を譲り申すであろう」

と言いおくった。

欲に引かれた訳ではないのでしょうが、舅の一大事です。信長は兵を率いて「大良」というところまで来た。

(これも何処だかわかりません。)

信長公記に

「木曽川、飛騨川の舟渡しの大河を打越え、大良の戸島蔵坊構に至って御布陣」

と、あります。

稲葉山からそんなに遠く場所だと思われます。

4月20日朝8時頃、義龍の軍勢は稲葉山城を出て、長良川の河原を北西に向かって進軍して来た。

これを見ていた道三も鶴山を下り、長良川の河原の川端まで進軍した。

すると義龍方の竹腰道珍は兵6百程を密集させて川を渡り、道三の本陣めがけて突進してきた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



piglet、また、ラビランをやるんだって!
pig 20150402


『戦国クイズ』

≪前回の解答≫
正解:鼻
義龍軍の長井道勝が道三を生け捕りにして義龍の前へ引き据えようと突進して道三に組み付き、もみ合っていたところを小牧源太が道三の首を切り落とした。
これに忠左衛門は激怒したが、後の証拠として道三の鼻を削ぎ落としている。

≪今日の問題≫


                                       <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ