『直江兼続』 その13

『父祖伝来の山河に別れ』 その1

【景勝と秀吉の密談】

1585年8月の時点で、上杉景勝と秀吉は面識があったという説があります。

反乱を起こした越中富山の佐々成政討伐のため、6万の軍勢を率いて同地へ赴いた秀吉が、国境近い落水

城で呼び寄せた景勝と密談したという。

上杉景勝(1556-1623年)
ue.上杉景勝

「上杉三代記」にみられる記事ですが、同席したのは石田三成と直江兼続のみであったという。

しかし、「管窺武鑑」では

「秀吉公越中を攻め平らげ、石田治部・木村弥一唯二騎を召連れられ、雑兵38人にて戸山(富山)より、親不

知・子不知…など云う所へかかり、5月13日の朝五つ時分、落水の城下まで御着なり」

と記していますが、景勝との対面のことは触れていません。

この落水の城は景勝が越中への前線基地、また国境警備の番城として築いたものであり、佐々成政書状にも

「越後の内へ乱入、落水近辺までことごとく放火候」

とあるように、紛争絶えざる国境の出城です。

上杉三代日記でも、秀吉の使者を迎えた景勝が諸臣に相談したところ

「今の秀吉は籠の中の鳥同然である。討ち取ってしまいましょう」

との声が上がったが、それでは自分を信じてくれた義理に背くと、景勝が制止したという。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20150520



                                       <参考文献:実伝直江兼続(火坂雅志編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

会ったのかしら

こんばんは。いつもお世話になっております。
で、二人は会ったのかしら。後々には三成と兼続さえ繋がってくれればそれでいいんですけど、お猿を見た殿の反応が知りたいなー。

pigletくん、ひまわり畑で駆け回るのよー。きゃっきゃうふふって、彼女と。

つねまる さま

つねまるさん、こんばんわ~♪

どうなんでしょう。
会ったと思い込むほうが、今後の秀吉と景勝の急接近に花を添えますね^^
つねまるさんがタイムスリップして、確認して貰えると嬉しいですね!
技を持っていませんか。

猿を見て景勝が微笑んでいると、これはニュースですけどね☆

> pigletくん、ひまわり畑で駆け回るのよー。きゃっきゃうふふって、彼女と。

恐い妻はいますけど、彼女はいません。
つねまるさんが一緒の方がよいと言っていました♪
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ