『直江兼続』 その40

『上杉鷹山が師と仰ぐ』 その3

【景勝と兼続の二人三脚】

1604年9月、近江国および和泉国から鉄砲造りの職人を招き、白布高湯で鉄砲千丁を鍛造させています。

現在、白布温泉に「直江城州公鉄砲鍛造遺跡」と刻まれた石碑を建て、その業績を讃えています。

直江石堤 (兼続の功績を訪ねての記事は「こちら」です。)
na.直江石堤 001 na.直江石堤 002

また、兼続は米沢城下の拡張にあたって、松川の洪水から町や田畑を守るため、大規模な堤防を築いてい

ます。

これが直江石堤と呼ばれるもので、現在でも基礎が残っており、「直江堤公園」として整備されています。

兼続はさらに生き残り工作として、1604年、家康の腹心・本多正信の次男・政重を娘のお松と結婚させ、

直江家の婿養子に迎えています。

兼続は越後時代の1593年にも、本庄与次郎という男を養子にしています。本庄氏は、かつて上杉謙信に

反旗を翻した一族であったが、彼らを取り込むことで、景勝の越後支配体制を強化したのでしょう。

このように兼続はかつての敵であった者の子息でも、養子として取り込む度量の大きさがあったのです。

米沢城の景勝と兼続
ue.上杉景勝&直江兼続

こうして兼続の判断をすべて承認し、兼続のやりたいようにやらせてくれる主君・上杉景勝であり、彼はある

意味では、兼続以上の器量を持っていたのでしょう。

太田道灌はその能力が突出していたので、主君の上杉定正から、自分をしのんでしまうのではないかと

不安を抱かれ、暗殺される羽目になっていますが、その点、景勝は全面的に兼続を信頼し、2人の絶妙な

二人三脚で上杉家の危機を乗り切ったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20150630



                                     <参考文献:実伝直江兼続(火坂雅志編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ