『直江兼続』 その42

『現代人に示唆する兼続の誇り』 その2

【直江状で見せた勇気】

勇気には、有名な「直江状」が挙げられます。

直江状は現在では研究者によって偽書ともいわれますが、内容は兼続らしい。

直江兼続(1560-1619年)
na.直江兼継 001

豊臣秀吉が死んだ後、政権を支えていた五大老はそれぞれの思惑を前面に出しはじめ、特に徳川家康は

露骨だった。

上杉景勝は家康の勧めで領地の会津に戻った。

ところがにわかに武装を強化しはじめたことを、近くに領地を持つ、ごますり大名が家康にこのことを告げ

た。

家康は

「にわかに武備を強化するのは、豊臣家に対し謀叛を企てていると誤解される。至急上京し弁明されよ」

という旨の詰問状を送らせている。

これに対し、直江兼続は長々と反論を述べています。

直江状は長文ですので、要約すると

・上方の大名たちは、つまらぬ道具にうつつをぬかしているが、東北の田舎大名である上杉家は、武勇を

誇る家柄であるので、主人が上方にいたときに怠りがちだった部分を補完しているに過ぎない。

・もし、この申し立てに不満があれば、どうぞいつでも討伐の軍を差し向けられた。はばかりながら、上杉

家一丸となってお相手つかまつる。

詰問状よりも、兼続の返答のほうが挑戦的だったのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20150701


                                       <参考文献:実伝直江兼続(火坂雅志編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ