『直江兼続』 その47

『兼続の晩年』

【高野山と米沢林泉寺に夫婦の墓が並ぶ】

1614年、大坂冬の陣に徳川大名として参加し、「上杉の雷筒」を披露している。

鴫野口で激戦し、今福口の佐竹勢に加勢しています。

また、翌年の大坂夏の陣にも参加し、7月12日に嫡子の平八景明が22歳で病没。

兼続は1619年10月に病を患い、12月19日に60歳で幕府から拝領した江戸鱗(うろこ)屋敷で没してい

ます。

直江兼続夫婦の墓(林泉寺) (林泉寺訪問記は「こちら」です。)
林泉寺 003

法名は「達三全智居士」。百回忌に英豼院殿を追諡されています。

葬送にあたり藩主・景勝は香典銀50枚を添え、将軍・秀忠も銀70枚を供えています。

高野山清浄心院の上杉墓地の西隣に遺骨が納められ、墓は米沢徳町徳昌寺(現長慶寺)に造られた。

なお、正室のお船の方は禄3千石を受けていましたが、1637年正月4日、81歳で兼続と同じように江戸

鱗屋敷で没し、遺骨は高野山の兼続の横に納められています。

長生きした彼女は、生母と早く死別した2代上杉家藩主・定勝の母代り、相談役として主家の安泰に力を注

いでいます。

現在、兼続夫婦の墓は米沢林泉寺境内にあります。




長い間、直江兼続にお付き合い戴きありがとうございました。

次の戦国武将は、四国の雄・長曾我部元親をとりあげてみたいと思います。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20150709




                                        <参考文献:実伝直江兼続(火坂雅志編)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

お疲れ様です

こんばんは。いつもお世話になっております。
兼続のお話、懐かしく拝見しました。お船の方は兼続の他界後に熊野へ参詣されたのでしたね。
どんな思いを込めて旅をしたのでしょう。

pigletくん、雨宿りとは、お酒をたしなみつつお外を眺めることですよ。

No title

林泉寺は上杉氏とともに米沢に移ったという話ですが、上越市(高田)にも林泉寺があると記憶しております(昔、高田に住んでおりました)。

つねまる さま

つねまるさん、こんにちは。

上杉家については、なぜが親近感を感じたりしています。
名家としての安定感もありますし・・・。

お船さんの熊野詣でにも興味ありますが、残念ながら女性史は殆どないのが
残念ですよね。

> pigletくん、雨宿りとは、お酒をたしなみつつお外を眺めることですよ。

アはぁ~、いいこと教えて貰いましたので、pigletの伝えておきました☆

たんめん老人 さま

たんめん老人さん、いつもありがとうございます!

お話のとおり林泉寺は、春日山を元とする寺院ですよね。
現在は上杉家の菩提寺ではなく、直江家の菩提寺となっているようですね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ