『四国の雄 長宗我部元親』 その12

『上昇気流にのった元親』

父・国親が没したのは1556年であったが、以降6年もの間、元親は本山氏との合戦を繰り返し、次第に

その属城を陥れ領地を拡大し、1562年の夏頃には、本山梅慶父子は本城の朝倉城を保つのみとなった。

元親は手を弛めずに圧迫を加えたので、父子はここにもいたたまれず、伊予境の山奥である瓜生野に引

き取った。

本山氏の本拠・朝倉城
as.朝倉城(土佐)

土佐の地侍のなかで大族といわれたていた本山氏が衰えたものです。

逆境に沈むと、人の命も短くなるものです。その2年後には、梅慶も子の茂辰も病死しています。

茂辰の子どもらは元親の姉の子です。この姉を通じて元親は本山と和平し、僅かの所領を与えたという。

人の運勢は緩やかな坂を上るのではなく、あるところまでは辛苦して運勢の坂を汗だくになって上らなけ

ればならないが、一旦勢いがつくと急カーブを描いて上昇する。

威勢につく人情がそうしてくれるのです。

本山氏を圧服し尽くすと、元親の運勢もそうなってきます。

帰服してくる国侍たちがひきも切らないのです。

彼はまた一条家の権威を利用している。

一条家に対して不臣であるという口実をつくりたてては国内の豪族らを攻め立て、数年で服属あるいは

国外に追い、1573年頃には土佐7郡のうち彼の所領でないのは、一条家の所領である幡多・高岡の2

郡だけとなった。

彼が家督を継いでから、ここに至るまで16年の歳月が経っていた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20150729



                                         <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ