『四国の雄 長宗我部元親』 その19

『四国に触手を伸ばす信長』

元親の快進に対し、心おだやかでないのが信長です。

信長は元親に四国を切り取らせる気がなく、天下統一を念としている彼は、四国もまた自己の領分とした

いのです。

一時には手が及ばないので、あまい顔を見せていたに過ぎなかったのです。

織田信長(1534-1582年)
od.織田信長像岐阜駅前

1577年になると、武田信玄の死後、信長が最も恐れていた上杉謙信も病死します。

東方は徳川家康に任せおけば安全だし、北陸は柴田勝家が堅い守りを見せており、中国地方も羽柴秀

吉が要領よくやってくれている。

彼の触手は海を越えて四国に伸ばす余裕も出てきたのです。

しかし、統一の目標こそ小さいが、この心は元親も同様であり、元親は四国を一手に収めなければなら

ないのです。

どちらかが諦めないかぎり、大衝突は自然の勢いであった。

ついに、信長は元親に

「おぬしには土佐一国に、阿波半国をゆるす故、他はおれに渡せ」

と申し渡します。

「おれはこれまで信長に一兵も借りたことはない。今日の身代はおれが独力でかせぎ出したものだ。許す

とは何ごと。4ヵ国とも、おれが力で、おれがものにしてみせるわ」

と元親は怒って、返答もしなかった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



sakura 20150811 001




                                    <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ