『四国の雄 長宗我部元親』 その22

『元親の機略』

元親は説明する。

「唯今、この度の合戦、なにとぞ利運を得させ給えと祈念を凝らしていたところ、ご社壇の戸がおのずから

開いて、衣冠正しき御姿あらわれ給い、たえに気高きお声にて、汝元親家を興し名をあげんとするの孝心

、感ずるにあまりあり、よってわれ汝の影身を離れず、弓矢の力を添えて守りつかわすぞ。この度の合戦、

一戦に利を得、やがて今明年を出ずして四国のこらず汝の手に帰せん。ゆめゆめ疑うことなかれ、と仰せ

られ、ご社壇に内に入らせ給うたものが、おれの目にだけ見え、おれの耳にだけ聞こえて、汝らには見えも

せず聞こえもせなんだことの不思議さよ」

兵士らはみな感激して、勇み立つことが一通りでなかったという。

土佐神社拝殿
to.土佐神社拝殿

元親が礼謝のために卯の花おどしの鎧、黄金づくりの太刀ひとふりを献納すると、兵士らは皆われもわれ

もと弓矢や太刀を献じたので、社壇は塚のようにうずたかくなったという。

土佐物語の記述です。

これが元親の機略であったことは言うまでもありません。

十河存保を恐れて、兵士らの意気が上がらなかったので、この機略を用いて勇気をふるい立たせたので

しょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



13日から、郡上徹夜おどりが始まっています。 残念ながら、今年は行けません><

昨年、8月16日の徹夜おどりです。

20140816 郡上おどり 001




                                    <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年は晴れていたようですが、お祭りに行けなくて残念でしたね

また来年、楽しみを持越しですか!

まにゅの子 さま

まにゅの子さん、こんにちわ~

そうなんです! 今年は天気に恵まれたようなんです☆

> また来年、楽しみを持越しですか!

ですね。
今年は青山の郡上おどりに参加しましたので、見送り
ましたが、ビルの谷間で踊るのは郡上おどりでないですね。

細い路地で踊るのが郡上おどりです^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ