『四国の雄 長宗我部元親』 その24

『雑賀衆』

元親は合戦に先立ち紀州の雑賀衆に支援を頼んでいた。

紀州の根来衆・雑賀衆は鉄砲を多数持っているし、その技術に熟達もしていたので、頼まれれば謝礼金

を貰って方々に支援を行っていたのです。

雑賀孫一(鈴木孫一 1534?-1589年?)
za.雑賀孫一

この雑賀衆は、風向きが悪かったために予定の日に到着せず、合戦に間に合わなかったのです。

彼らはくやしがって

「申し訳ござらぬ。いずれは讃岐攻めをなさるであろうから、せめてその先鋒をうけたまわりたい」

と所望した。

元親は

「海を隔ててのこと、致し方ござらぬ。各々の緩怠ではござらぬ。約束をたがえず来ていただいたこと、

誠にありがとうござる。讃岐入りはわれらが手にて十分でござれば、お志は過分ながら、お心を放たる

べく、速やかに帰国あれ」

と、丁寧に慰めて、隊長に馬・鞍・太刀を、士卒らには兵糧2百石を贈ったので、みな喜んで帰ったという。

これは名将言行録にある話で、出典は元親記です。

元親の寛容で信義に厚いことを伝える話になっていますが、雑賀衆が雇われ鉄砲兵として諸国に行った

実例が面白いところです。

阿波を征服すると、さらに兵を讃岐に兵を向けて十河城を落し、十河存保を追放しています。

存保は秀吉を頼って回復をはかったが、当時の秀吉は柴田勝家と対峙状態であったから、この方面には

手が廻らず、四国は元親の野望に任され放題であった。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



sakura 20150818




                                         <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ