『四国の雄 長宗我部元親』 その28

『目付役・仙石秀久』

四国勢は急ぎ府内城に結集して軍儀を開いたが、仙石秀久は元気なもので剽悍(ひょうかん)な男だ。

「敵が押し寄せて来るというに、男たるものが居すくんでいるというほうはない。直ちに行き向かって有無の

一戦を遂げ申そう」

と、はやりにはやった発言をする。

仙石秀久(1552-1614年)
se.仙石秀久

「いやいや、それはようござらぬ。間もなく本軍がまいられる。それを待つがよろしい。かってなことはならぬ

と、関白殿下がくれぐれも仰せられたはこのことでござるぞ」

と、元親も十河存保も言った。

また

「毛利家の軍勢も豊前口にいることでござれば、かかるにしても打ち合わせた上のことにすべきでござろう」

とも言ったが、秀久はきかない。

「敵は利光城を攻め立て、城将・利光宗魚は悲壮なる血戦を繰り返していると申すではござらぬか。これを

見すぐしては男とは申されぬ。貴殿方同意なくば、拙者一手をもって後詰つかまつる」

と、激語する。

秀吉からつけられた軍目付にこうまで言われては、不本意でも同意しないわけにはいかない。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20150824




                                      <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

センゴクめー

こんばんは。いつもお世話になっております。
おにょれ、仙石秀久!元親も十河存保も反対してるでしょっ。ぶうぶう。
pigletくん、さすがに大阪も涼しくなったよー。おいでおいでー。

つねまる さま

つねまるさん、おばんですばーい♪

秀久さんは、高野山に隠棲しながら京都・大阪で遊んでいたとか。
大阪では北派それとも南派なんだろう。

それにしても彼の家系は世渡り上手で、明治には華族となり、貴族院の議員に
なったようですね!

秀久さんの血が濃く伝わったのでしょうね。 おにょれ、秀久ですね^^


> pigletくん、さすがに大阪も涼しくなったよー。おいでおいでー。

お出かけの季節になりましたが、pigletは換毛が始まりましたので、
お出かけは少しお預けの状態です><
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ