『四国の雄 長宗我部元親』 その30

『九州裏街道口の先鋒軍は崩壊』

味方敗軍、混戦になったので老臣・桑名は敵を防ぎながら、元親の嫡子・信親に

「急ぎ落ちさえ給え」

と手振りして知らせたが、一寸も退かず馬から下りて4尺3寸の大太刀を持って込み掛かってくる敵を一薙

ぎに8人も切り伏せた。(オーバー過ぎです)

高知・雪蹊寺の長宗我部信親の墓
ty.長宗我部信親の墓(雪蹊寺)

そのうちしだいに敵が手許につけ入って来ると、今度はさし添えの刀左文字を抜き、また6人斬り伏せた。

物具の上から斬るので、刀の刃はぼろぼろにこぼれてノコギリのようになった。

「今はもうせん方なし。腹を切ろう」

と心にきめたが、なお襲いかかってくる敵についに討ち取られてしまった。

信親、享年22才であった。

この時、信親が用いた左文字の刀は、元親が最初に信長に懇親の使いを遣わし、信親のために名乗の一

字を乞うた時、信長が名前に添えて贈ってくれた、あの刀であったという。

信親は元親が最も愛する子であった。

信親の戦死を聞くと

「同じところで死のうぞ」

と、馬を乗り太刀を抜いて敵がかかって来るのを待ち受けていた。

そこへ家臣・十市が来て

「もったいなや、何とて退きたまわるぞ」

と諌めて、自分の馬に乗せようとしているところに、どこからか元親の馬が走り帰ってきたという。

以上は、元親記の記述です。

この時の馬は内記黒(ないきぐろ)という名であったといいますから、去年の10月に最初に秀吉にお目見

えした時に秀吉から貰った馬であった。

元親は伊予の日振島に逃れ、仙石は讃岐の居城に逃げ帰り、九州裏街道口の先鋒軍は崩壊してしまった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。




sa-ko 20150827




                                        <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ