『四国の雄 長宗我部元親』 その34

『文化人であった元親』

長宗我部元親は文化人であったと想像できる記録があります。(長宗我部元親式目)

・「侍たる者は書学問ならびに軍法専一に仕り、君臣の節、父母への孝行、肝要たるべきこと」

・「敵(かたき)討つこと、親の敵の子、兄の敵を弟討ち申すべし。弟の敵を兄討つは逆なり。叔父、甥の敵討

 つことは無用たるべきこと」

当時としてはなかなかの見識であったのでしょう。

長宗我部元親(1539-1599年)
ch.長曾我部元親

名将言行録に、元親が讃岐の新名内膳正が篭もった鷲山の城を攻めた時、敵を兵糧攻めにするため、足軽

を出して青麦を刈らせたが、元親は特に命じて

「ひとあぜ毎に刈れよ。みな刈っては百姓らが困るであろう」

といった。

百姓らはその刈り方を見て

「土佐の仕置きはまことによいことじゃ。この地が早く長宗我部殿の所領になればよい」

と言ったという話が出ています。

また、彼が土佐領内の田畑を残らず測量して、国内の生産高とつきとめ、租税の法を定め家臣らの知行高

や扶持を詳細に記録させたという話も出ています。

信長や秀吉こそやっていることですが、他には殆んど出てこない話です。

政治も軍事もこの調査が先行しなければダメであることに気づき、これを実行した見識も非凡ではなかったの

でしょう。

元親はいつの時代、どんな境遇に生まれても、相当以上の人物になり得た人であったに違いありません。

マキャベリズム(権謀術数主義)は仕方ないことでしょう。

当時の大名にはある程度のマキャベリズムは自存の必要条件であったのですから。

これ程の人によって興隆した長宗我部家が2代にして滅んだのは天命だったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



sakura 20150831



                                        <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

まきゃ・・・?

こんにちは。いつもお世話になっております。
マキャベリズム、受験以来かしら。健忘術数、いや、権謀じゅっすー。
なんとなく、いやぁーな印象なんですよねぇ。元親に宴会へ呼ばれたら必ず討たれちゃうー!な感じです。

涼しくなりましたねー。お嬢様、もう氷風呂はいらないかしら?

つねまる さま

つねまるさん、こんばんわ~♪

さすが、つねまるさんです。
受験べんきょうで、まきゃが出てきていたとは!
理系の私には権謀でなく、健忘くらいです><

> なんとなく、いやぁーな印象なんですよねぇ。元親に宴会へ呼ばれたら必ず討たれちゃうー!な感じです。

そういうイメージありますね。今回、勉強していても払拭できていません。
もうひとつ言えることが、強力な参謀が出てきませんので、かなり独裁的なイメージがあります。
なにせ、三味線ベンベン(戦国無双)ですからね^^

> 涼しくなりましたねー。お嬢様、もう氷風呂はいらないかしら?

ハイ、ぬるめのお湯がいいと言っています。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ