『秀吉の大陸進出の野望』 その3

『朝鮮からの使節来日』

宗、小西行長、石田三成のからくりで、朝鮮使節はやって来た。

それは秀吉が小田原を落として会津に行っている時であった。

豊臣秀吉(1537-1598年)
to.豊臣秀吉 小

秀吉はこの報告を、凱旋の途中の宇都宮で聞いた。

はじめ秀吉は大満足していて、要求どおり礼をささげるためであると信じていたのです。

ところが、その報告書をよく読ませ聞くと、帰服のためでなく自分が日本を平定統一したことを慶賀する挨拶

のために来たらしいことがわかった。

「おれは降参せいと言うたのじゃ。祝儀のための挨拶では話にならん。しかも、使者もせめて王子とか、王の

兄弟とかならじゃが、ただの家来じゃそうな」

と機嫌を悪くし、その時は特段の指示はせず、ただ

「待たせておけい。何分の指図は帰ってからする」

と命令したが、帰ってからも秀吉はいっこうに沙汰せず、2ヵ月以上もほうっておいた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20150905



                                        <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

大佐 さま

大佐、だいじょうぶですか。

高いところはサル以外は登っちゃだめですね~。
6週間とは大キズじゃないですか。
しかし、頭部じゃなくて不幸中の幸いだと受け止めましょう。

いつもの葉っぱの写真から、サンバに変わっていたので、どうしたの
だろうかと思っていました。
目が眩んだのじゃないですか。

人生の休養だと思って、しっかり回復に専念されてください。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ