『秀吉の大陸進出の野望』 その8

『加藤清正と小西行長 2 』

旗の文字は「南無妙法蓮華経」と書いてあった。

旗は古び汚れており、文字の墨はかすれて消え消えになっているところもあるが、清正はこの旗のことを

よく知っている。

これは織田家の宝となっていた「妙法の旗」であった。

熊本・本妙寺の旗
ho.本妙寺 20150501 020

信長は徹底した無信仰者であったが、織田家は日蓮宗の信仰が篤い家であり、織田家の先祖がこの旗を

つくって、それを第一の軍旗としていたのです。

この織田家の宝旗を秀吉が最初に中国方面軍司令官として、播磨に行くとき、信長はこれを秀吉に下賜

したのです。

秀吉は旗をひらいて清正に見せた後、くるくると巻いて

「主計、汝は法華の信者だ。これをつかわす故、立てて行け、汝も覚えていよう。この旗はおれが最初に播

磨に行くとき、右府様がおれに下されたものじゃ。吉例の旗よ。おれが運にあやかるがよいぞ」

と言って、さし出した。

ありがたさに清正は涙がこぼれ

「妙法の加護と、御威光と、御運勢と、すべてたしかに拝受いたしました」

と言うと、秀吉も大音声にさけんだ。

「確かにつかわしたぞ!それ!」

その後で、兵どもに示す軍令状と軍書一巻を与えた。

小西には、漆黒の駿馬一頭を庭にひいて来させてくれた後、やはり軍令状と軍書一巻を与えた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



maro 20170910


                                      <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ