『秀吉の大陸進出の野望』 その13

『三成に従う行長』

小西行長は朝鮮にも行ったことがあり、したがって対馬も壱岐も知っている。

対馬の北端からは天気の良い日には朝鮮の山々が見えるほどの距離であるが、壱岐はずっと日本に近く、

壱岐と対馬の間は対馬と朝鮮ほどの距離がある。

小西行長(1558-1600年)
ko.小西行長 003

行長らが釜山浦でどんなことをしようと、加藤清正らに判る筈がないのです。

「安心この上もござらぬ。わしはまたどういうことになるかと、実に心配でありました。」

と行長は大息をついた。

「わしがいて、へたなことをしようか。しかし、十分に念を入れなされよ。清正は融通のきかなぬ頑固一徹の

男だが、戦は上手だ。忍びの者など釜山浦あたりに出すかも知れん。気をつけなされよ」

と、三成は言い、行長はうなずいた。

酒肴が出て、よい気持ちに酔って行長は辞去した。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



関ヶ原の戦いの小西行長陣跡 (関ヶ原西軍の陣所巡りは「こちら」です。)

ko.小西行長陣所跡 001



                                    <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ