『秀吉の大陸進出の野望』 その22

『釜山上陸』

小西行長に率いられた諸隊は4月12日の朝8時頃、対馬の大浦を出発し、夕方の4時頃、釜山港外に着

いた。

小西行長(1558-1600年)
ko.小西行長02

行長は諸隊の船を港外の島影に待機させておいて、宗義智だけを同道して湾内に入り、港役人に、用意し

た文書を渡した。

「われわれはこれから大明に攻め入るのであるから、貴国は案内役をつとめ、また道を貸してもらいたい」

という文面である。

港役人がこんな文書を受け取る筈がありません。受け取ったところで、返答できる権限がある筈がない。

そんなことは、行長は百も承知なのです。

行長は宗は、連れて来た通訳の天荊(てんけい)という坊さんに言いつけて、しきりに押し問答させる。

2人にとって、これは秀吉への言い訳のために必要であったのです。

情理をつくして説諭し、論判したが、どうしても聞き入れなかったという形式をつくらなければならないの

です。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。








                                      <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ