『秀吉の大陸進出の野望』 その30

『軍令厳守』

徳五郎は、一度、京城まで行ったことがあるうえに、元来日本人とあっては大いに都合がよいと思ったのです。

清正軍はなお進んで、翌日は慶州城を陥れた。

慶州仏国寺
bu.仏国寺

慶州は新羅時代の旧都です。遺跡や由緒ある寺院などが多い。市街も落ちついた美しさをもっている。

清正は特に将士に、軍令を厳守するように戒告した。

「犯す者は、有無を言わさず斬る」

とまでふれた。

清正は、戦場の兵士の心理をよく知っている。常に死の危険をさらされ、いつ死ぬかわからないと覚悟してい

る兵士らは、よほど出来た人間でない限り心が乱れている。

一時間の後には死ぬかも知れないと思っている身は、現在は生きていることの確信を掴みたい。この心理が

女を犯させる。掠奪をさせる。完全なもの、美しいものに嫉妬を挑発される。この心が破壊させる。破壊したと

て、何の利益ももたらさないのです。

だから軍規は冷酷なまでに厳正である必要があったのです。軍規の違反に対する温情は、とどめもなく軍を堕

落させるからです。

清正はこれをよく知っている。

だから、慶州は城が破壊されただけで、市街の損害は皆無であった。

市民らは避難もしない。おもしろい見物と思っているらしく、悠々とした様子で見物に来る。

のたりのたりと歩く牛に乗って来る者もあれば、杖をつき、白く長い髭を風に吹かせて来る老人もいた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


清正公の熊本城
熊本城 002-1




                                      <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ