『秀吉の大陸進出の野望』 その38

『坊主の“うそ”は方便、町人の“うそ”は商略、武士の“うそ”は武略』

清正は、怒りのあまり言うまじきことを言ってしまった。

「明智日向(光秀)が、坊主の“うそ”を方便といい、町人の“うそ”を商略といい、武士の“うそ”を武略と言った

と昔聞いたことがござる。武士の武略は敵を騙すためのもので、味方を騙すことはござわぬが、商人は友を

騙すこともあるでござろうな」

小西は腹を立てた。

加藤清正(1562-1611年)
ka.加藤清正 002

いや戦術的にも、ここは腹を立てたふりをしなければならないところでしょう。

失言して、侮辱的言葉を吐いたのは清正の失敗であったのです。

「加藤様。ただ今のお言葉をよくご説明願いたい。拙者はもの町人であるゆえ、大名となっても町人の策を使

うという意味にとってよろしゅうござるか」

と、鋭く反問した。

さすがに、言葉が過ぎたと清正も思ったでしょうが、今さら引き返しはできない。

「ではないと仰せられるのか」

と、言った。

今後は戦術ではなく、本当に小西は立腹した。

「申されたな!」

と、脇差に柄に手をかけて、ひざを立てた。

商人でも、この時代の商人は後世の商人と違って気が荒いのです。身分も武士と格差があった訳でなく、武

士・町人の身分に格差が出来たのは江戸時代に入ってからのことです。

小西は武将としても相当の働きがあって、今の身分になった人で侮辱されて黙っていなかったのです。

清正も激した。

「おかしや、拙者を斬ろうといわれるのか!」

と、また脇差に手をかけた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20151016



                                    <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ