『武将の名前は、どう呼んだ』 その1

『2つの名前「諱(いみな)」と通称とは?』

実名のことを諱といったが、これは実名を呼ぶことを忌み嫌ったからであるというのです。

なぜ、実名を呼ぶことを忌み嫌ったかといえば、実名はその人間の人格を表すものであり、それを敬う気持

ちから、まともに呼ばないのを礼儀とする習わしができたからだそうです。

上杉謙信(これは号名です)
ue.上杉謙信 春日山神社

従って、武士は元服とともに実名をつけられていますが、同時に通称も与えられ、通称のほうで呼ぶのが習

慣になっていたというのです。

中世・近世の武家で行われていた通称は、大別すると「輩行」と「官職名」です。

「輩行」は、子どもが誕生した順に、長男を太郎とし、以下、次郎、三郎、四郎・・・十郎とつけ、それ以上を余

一郎、余次郎、余三郎とつけていく、長幼・続柄を示すつけ方です。

太郎に子どもが生まれれば、小太郎、小次郎・・・であり、孫は孫太郎、孫次郎・・・。

そのまた孫は、彦太郎、彦次郎・・・であったという。

官職名は、律令制で定められた官名を呼び名として用いたのです。

信長の上総介、家康の三河守、秀吉の筑前守などがよく知られた官名ですが、その官名に自分との地位の

上下関係を考慮し、様や殿をつけ、あるいはそのまま呼び捨てにしていたという。

鎌倉時代までは官職名を私称することは禁じられ、所定の手続きを経て朝廷から許されたが、室町時代にな

ると、こうした手続きは守られなくなり、朝廷への奏請ぬきで、将軍や守護が自己の裁量によって許可していま

す。

応仁の乱以降、戦国時代になると、こうしたルールは無視され、武将たちはわが身を飾り貫禄をつけるため、

官職名を勝手に用いるようになっています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20151106


                               <参考文献:戦国大名おもしろ辞典(奈良本辰也薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!

諱ってそうだったんですね

勉強になりました

そして、pigletちゃん、カツラ似あいますね!

まにゅの子 さま

まにゅの子さん、こんにちは。

お忙しいようですね!

ふん、ふんと流してしまいがちですが、日常的でないので
十分に理解していないことって多いですよね^^

> そして、pigletちゃん、カツラ似あいますね!

らびランの時、お借りしたカツラです♪
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ