『秀吉の大陸進出の野望』 その55

『清正と小西の溝』

「仰せられるまでもない。一人としてその心がけのない者がござろうか。さりながら、今日のわれら両人の

論争にはそれは必要でない。貴殿が和議についての権限をお持ちでないということだけで足りる。貴殿は

殿下に上申し、お許しがあってから和議の交渉をなさるべきなのだ。従って今度のことは貴殿の越権行為

でござる。例えわれらの兵がわざと殺したにしても、貴殿の抗議を受けるべき筋合いではない。ましてや、

これは逃走を企てて殺されたのでござる。捕虜となって逃走を企てる者を殺すのは古今の法でござる。貴

殿も御承知のはずだ」

しめあげるような調子で、清正はいう。

朝鮮の役の前線城「名護屋城」
na.名護屋城大手門 002

小西は、言い返すことはできまかった。

小西は清正に言いつめられたが、この論争は2人の間に超えがたい溝をこしらえることになった。

小西に講和工作は石田三成の意思を受けてのことであったが、そのことを小西は清正に話してはないし、

清正もそこまで疑っていなかったのです。

小西はこの顛末を詳しく三成に報告したので、三成は清正を快く思わない。

「くそまじめなばかりで、融通の効かないやつめ!」

と、思ったことでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



名護屋城模型
na.名護屋城模型 002



                                    <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ