「時代をくつがえした“新兵器”の登場」 その1

『それは、たった2梃の鉄砲から始まった』

1543年8月25日、3人のポルトガル人を乗せた一隻の大型船が、九州南方43kmにある種子島に漂着。

日本戦史上、一大革命をひき起こした鉄砲の伝来です。

種子島銃
ta.種子島銃

乗船していたポルトガル商人から火縄銃の威力を見せつけられた島主・種子島時堯は、非常な関心を寄せ

買い求めると、家臣にその射撃法、製造法、火薬の研究をさせた。

それと同時に、島の鍛冶屋・矢板金兵衛に模作させ、1年後には種子島銃数10梃が完成、鉄砲の国産化に

成功した。

この情報をいち早くつかんだ紀州根来寺の院主・津田監物は、種子島に人を派遣し、時堯から1梃を購入。

それをもとに堺出身の刀工で根来に移り住んでいた芝辻清右衛門とともに、共同で製造を開始。

このことが大量の鉄砲で装備された雑賀、根来の傭兵集団を誕生させる下地になったという。

一方、堺の商人・橘屋又三郎も種子島銃を手に入れ、堺で大量生産に着手している。

後に、芝辻も堺に戻ったため、堺は鉄砲の一大兵器工場としての地位を確立した。

各地の諸大名は、争ってこの新兵器を求めるとともに、技術者を招き、城下に鉄砲鍛冶工業を起こした。

なかでも、近江の国友村は、信長、秀吉、家康の手厚い保護のもと、数百人の技術者を擁するハイテク部落

として、その名を馳せています。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20151204




                          <参考文献:戦国武将おもしろ辞典(奈良本辰也監修)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ