『秀吉の大陸進出の野望』 その73

『明軍の襲撃』

この方面の先鋒は小西行長です。

行長は平壌まで進むと、進軍を停止していた。

小西行長(1558-1600年)
ko.小西行長

ゲリラのための後方を撹乱されるので、不安で進めなかったのでしょうが、何とかして講和のきっかけを

つかみたい。

そのためには無闇に進んではかえって悪いと思ったのでしょう。

明軍の祖承訓は7月15日の夜、密かに平壌に忍び寄り攻めかかった。

最前線にいながら、小西もその寄騎大名らも油断しきり、前方に全く哨兵を出していなかったというので

すから驚きです。

小西も松浦鎮信も、宗義智も狼狽しながら戦った。

苦戦であったが運がよかったことに、祖承訓に率いられた兵は騎馬を得意とする遼東兵であるのに、平

壌の城内は曲がりくねった小路が多く、そのうえ前夜からの雨で滑りやすくなっていて、自由に馬を駆け

させることが出来なかったのです。

日本軍は狼狽から立ち直り、鉄砲を乱射し、斬って出て、ついに撃退したのです。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



小西行長の宇土城
ut.宇土城 005



                                <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ