真田丸 その9

『真田方の攻撃』

徳川方が追い立て、城の近くまで行くと大手の門を開いて信繁が飛び出して来た。

信繁が飛び出したのと同時に、虚空蔵山の林でおびただしい“ときの声”が上がって、一隊の軍勢が火の

ように鉄砲を撃ちかけ、煙の下から槍の穂先を揃えて突いてかかった。

上田駅前の幸村像
20100624 001

徳川方が色めくと、すかさず昌幸も80騎ばかりの兵を率いて打って出て突きまくった。

徳川方は、しろどもどろになって多数の死傷者を遺棄して敗走する。

昌幸父子は、程よく追って、人数をまとめ、馬を立てて悠々と高砂を謡いだした。

榊原康政は腹を立てた。

「憎ッくき真田め、人も投げ振る舞い、思い知らせてくれん」

と2千の手勢をもって急襲した。その激しさ、さすがの昌幸も謡い終えず、早々に引き上げた。

榊原はなお追いかけ、牧野父子もまた追いかけた。この時、本陣の秀忠に側近した本多正信が、使い番

を立てて、諸将にきびしく言いおくった。

「味方軍令を用いず、勝手気ままなる戦をしでかし、見苦しき様である。早々に引き取るべし」

この時、菅沼忠政は搦手(からめて)に向って、家来どもは既に外郭の塀を乗り越えんとするところであっ

たが、この下知でやむなく引き取った。

この戦闘は、一説では徳川方が城近くの田の稲を刈り取るのを見て、城の東方願行寺口の出丸を守って

いた真田兵が、

「にくい奴らめ」

と追い払おうとしたことから起こったとなっています。

何れが真偽かは判りません。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160306



                                     <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

くすくすくす

こんばんは。いつもお世話になっております。
昌幸親子の高砂、さぞかし賑やかににくったらしく謡ったんでしょうね。大河でやってくれないかしら。
既に大河の登場人物の配役で脳内再生しております。

pigletくん、怖いものが出てきたらどうするの~(T▽T)

つねまる さま

つねまるさん、こんばんわー♪

昌幸さんは「煮ても焼いても食えないやつ」とか言われますが、大河では
好評のようですね。

> 昌幸親子の高砂、さぞかし賑やかににくったらしく謡ったんでしょうね。大河でやってくれないかしら。

「にくったらしく」も食えないやつなのでしょうね((*´ゝз・)ノ゙

> 既に大河の登場人物の配役で脳内再生しております。

あはっ、つい再生してしまいますね。
ひとつだけ気になることがあって、オープニングで備中松山城に六文銭の旗を立てて
いますが、「なめているのかー」と気になっています`・ω・´

> pigletくん、怖いものが出てきたらどうするの~(T▽T)

昌幸は食えない奴だけど、探し出して食ってやろうと思っているのでしょう^)o(^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ