鬼島津の武を知らしめた「島津義弘」 その3

『捨て奸(がまり)』

義弘がとった行動、それななんと家康の本陣をかすめながらの敵中突破であった。

この突撃に東軍は大慌てになるが、大勝利に傷をつけてなならぬと本多忠勝、井伊直政らが必死に島津隊

を必死に追撃する。

島津隊の退却
島津軍退却

これに対し、義弘は足止め部隊を次々に繰り出す「捨て奸」という戦法で対処。

足止め役は討ち死に確定だったが、島津家では戦場において総大将の首級(しゅきゅう)を決して敵に渡して

はならないという教えがあり、配下たちにもそれが徹底していたからこそ、この戦法はなり得たのです。

足止めの兵士たちが次々と倒れていき、従軍した甥の島津豊久が義弘の身代わりとなって討ち死にするが、

辛くも義弘は戦線離脱に成功。

薩摩に帰り着いたときは、15百いた兵士は僅か80数人しか残っていなかったという。

敗北した西軍のなかにあって、数少ない戦果のひとつである島津家の撤退劇は、敵味方を問わず喝采した

という。

多くの犠牲は出したが、義弘もさぞかし痛快であったでしょう。義弘は東軍からも西軍からも軽視されていた

のですから。

関ヶ原の戦い後の島津家は、徹底抗戦の構えを崩さず裏で徳川に謝罪。なんと追撃部隊にいた井伊直政が

取りなす形で、島津への処分は西軍のなかでは最もあまい「お咎めなし」という裁定がくだされた。

義弘の見事な撤退劇が、敵の心も動かしたのです。

その後、義弘は隠居を決めて後進の指導にあたり、1619年、85歳で没しています。

その身を戦に捧げた怒涛の生涯であったのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



島津家の鶴丸城 (鶴丸城登城記は「こちら」です。)
ka.鹿児島城 001





                         <参考文献:戦国武将がよくわかる本(編集者:レッカ社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

たのしみに拝見させていただいてます(^^)

1500人の兵隊が80人になっても、大将を守る気持ちを
もっているなんてすごいです!

私の両親も鹿児島出身で、鶴丸城や城山などよくいきました。

鶴丸城石垣の銃痕の跡が西南戦争のすさまじさに驚いた子供の
ころを思い出しました。

義弘がいなかったら、島津はなかったかもしれませんね。

チョッペスト さま

チョッペストさん、こんにちは。

いつもありがとうございます!

島津家は壮絶な戦いをしていますよね。

> 鶴丸城石垣の銃痕の跡が西南戦争のすさまじさに驚いた子供の
> ころを思い出しました。

戦国時代には本拠は攻められてないのでしょうが、明治になっての
近代戦の戦跡が凄いですね。

> 義弘がいなかったら、島津はなかったかもしれませんね。

義弘さんが、ザ・島津って感じですね☆

どぼん

こんにちは。いつもお世話になっております。
島津さんとこは、すごかったですねー。事前の工作もさることながら、この関ヶ原。
さすがの家康も後々まで手を出せなかったのがわかります。

でもぉ、直政くんが。直政くんが、この作戦にどぼんしたー。
しくしくしく。

つねまる さま

つねまるさん、こんにちわー♪

島津さんちは、武士集団ですよねー
普段の武教が凄かったのでしょうかね^^

なぜか、西郷どんを重ね合わせて見てしまいます。

> さすがの家康も後々まで手を出せなかったのがわかります。

そう、ここがポイントなんでしょう!!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ