『秀吉の大陸進出の野望』 その117

『江戸大納言と加賀大納言の取りなし』

家康は、清正の純情で真っ正直な気に入り、利家は清正を少年の頃からよく知っていて、その重厚で誠実

な人柄を気に入っていて、秀吉子飼いの大名のなかで最も秀吉に忠誠なのは、この男だと見ていたという。

加賀大納言(前田利家) (1539-1599年)
ma.前田利家 001

家康と利家が、とりなしに始めると、秀吉はカラカラと笑って

「江戸と加賀の両大納言から、取りなしされるとは、虎(清正)も果報な奴ですわい。口から出放題なことを

申して、捨ておきがたい奴ではござるが、折角のお取りなし故、今度は許してやりましょうわい」

「ありがたき仕合せ」

2人は礼を言って、早速、清正を呼んだ。

家康は榊原康政を遣わし、利家は篠原伊賀を遣わした。いずれも両家の重臣で、以前から清正と面識ある

人物であった。

清正は、すぐ登城して来た。

秀吉は、両大納言を従えて、仮小屋で引見した。

「せっかく許したのに、ろくろく礼も申さず、言いたい放題のことを言い、許しがたい奴じゃが、江戸大納言と

加賀大納言とが、取りなされた。こんどだけは許してやる。以後はこうはゆかんぞ」

と言って、付け加えた。

「おれの知恵の鏡はまだ曇っておらん。何もかもよう知っている。いらぬ心配するな」



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20160323




                                      <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ