真田丸 その12

『秀忠軍の軍議』

家康の書状を携えた使者が到着。その内容が「9月9日までに美濃赤坂へ着陣すべし」というものだった。

本多正信は、

「かような小城は打ち捨ててお通りあるがようござる」

と主張したが、打ち捨てるなら打ち捨てるで、最初から打ち捨てればよいのだが、小競り合いにしても一合戦

して、それが負け気味に終ったとあっては、今さら打ち捨てては、恐れたようで外聞が悪いという意見もある。

徳川秀忠(1579-1632年)
to.徳川秀忠

すると、榊原康政が言った。

「戸田左門一西(かずあき)は、何によらず御不審のことあらば御下問あるようにと、大殿からつけおかれた人

物でござれば、かかる時こそ一西の意見をお尋ねあるべきでござろう」

秀忠は、一西に尋ねた。

「真田の武略は恐るべきものではござるが、何と申しても小身者、何ほどのことが出来ましょう。少々の押さえ

の勢いを残して、早々に上方へお馬を進められるべしと存ずる。しかしながら、この戦いは若君の御初陣であ

り、踏み潰してお通りになる方が、大殿のお気にはかのうでござろう。多少の御損害は覚悟の上にて、攻め立

てれならば明日中には城を抜くことができるでござろう故、真田親子を抹殺その後、上方へ向わるべきでござ

ろう」

と、一西は答えた。

秀忠も諸将も賛成したが、本多は激怒した。

「若殿がお年若である故、血気に任せて強すぎるお働きもあろうと、ことの外に大殿がご心配なされて、拙者を

お付けになられたのでござる。にわか攻めなどもっての外のこと、必ず大殿はお怒りでござろう。ここは押さえ

の軍勢を少々おかれてお通りありますよう。」

と主張し、少々の兵を残して9月10日に上方へ向うことになった。





ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


昌幸はどこに隠れた!
ue.20100529 上田城 008





                                  <参考文献:武将列伝(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お久しぶりです!

カナダで真田丸2回遅れくらいで見てますが、もうすでに混乱してます(泣)。。。

さやか さま

さやかさん、こんにちは。

真田丸は、人気のようですね。
特に、風見鶏の昌幸がいいようです^^

No title

草刈父さん、私も好きです。
今回好きな役者さんばかりだし、三谷さんも好きなのに、なぜかあまり乗れないんですよね〜。
歴史の勉強全く進んでません(泣)

さやか さま

さやかさん、こんにちは。

> 今回好きな役者さんばかりだし、三谷さんも好きなのに、なぜかあまり乗れないんですよね〜。

なんででしょうね。
三谷さんの指向が強すぎる感がありますし、それに、草刈パパの演技力に子供二人がついて行けてないのが気になりますが・・・。

> 歴史の勉強全く進んでません(泣)

わからないところがあったら、Wikipediaで確認してみる。
いかがでしょうか^^

No title

はい。ありがとうございます。

頑張ります(泣)
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ