『秀吉の大陸進出の野望』 その119

『和議は決裂』

続いて、僧の玄蘇が漢文読みしたが、これまた難しい漢語ばかりでわからない。

秀吉は和議を切望していたが、いくつか条件を出して、それによって相談しまとめるよう命じ、最小限、自分

の面目の立つ条件なければならないと思っていた。

豊臣秀吉(1537-1598年)
to.豊臣秀吉

ところが、明は秀吉の降伏を許し、日本国王とするということにしている。

この時は、秀吉は内容がわかっていないので、始終上機嫌であったという。

儀式は上首尾に終ったが、翌日、学者を呼んで意味をじっくり聞いた。

秀吉は、驚き、怒った。

「おれを日本国王にじゃと?日本は神武以来のみかどが王となりなさることに決まっているではないか。おれ

が日本の王となったらみかどをどう奉じるのじゃ。けしからん明の皇帝め!治部(三成)も治部、摂津(行長)

も摂津じゃ。何たる取り決めをするぞ!これのみならず、おれがかねがね言い含めておいたことは、何ひとつ

として、明はきいておらんではないか。こんなことで、和議など出来ることか!」

怒鳴り立て、三成と行長を散々に叱りつけ

「明の使者は、1日も日本に止めおくな!追い返せ!」

と、激怒した。

秀吉は本気で怒る人ではなかったが、この時は本気で激怒した。

本気であった証拠には、講和の糸を断ち切ってしまったのです。

秀吉の顕著な老化現象、耄碌(もうろく)の表れだったのでしょう。日本・朝鮮・中国3国の不幸であった。

文禄の役の和議は纏まらず、再出兵となり慶長の役がはじまります。

慶長の役は、別の機会に勉強してみたいと思います。


長い間、文禄の役にお付き合い戴きありがとうございました。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160329




                                         <参考文献:加藤清正(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今日はじめて秀吉ナイス!って思いました。

つるバラにゃんこ さま

つるバラにゃんこさん、こんにちは。

秀吉さんは、本気で怒ることは少なかったようですが、
この時は、本気で怒ったようですね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ