合理主義者「小西行長」

『味方を踏み台に功を稼ぐ』

薬商人の子に生まれた小西行長は、やがて宇喜多直家に仕える家臣となっていた。

明晰な頭脳をもって外交に手腕を発揮していた行長であったが、織田家臣として中国攻めに現われた豊臣

秀吉と出遭ったことで、運命は大きく変わる。

小西行長(1558-1600年)
ko.小西行長 003

この時、行長は秀吉との交渉にあたり、宇喜多方の降伏を成立させると同時に織田軍の人質になり、後に

秀吉配下へ転身する。

行長は秀吉のもとで水軍を任されると、すぐに非凡な軍才を発揮し、一躍主力に名乗り出る活躍で、出世を

果たしていく。

その後の朝鮮出兵では、先鋒として功を重ねる一方で、戦局が不利になると講和交渉を担当。

この交渉は失敗に終って、二度目の朝鮮出兵をひき起こすことになるが、ここでも加藤清正らを出し抜いて

功を上げる。

行長は常に抜け目なく合理的に立ち回り、味方を踏み台にしてでも功を稼いでいった。

しかし、関ヶ原の戦いでは、豊臣家を慕って西軍につく。

知勇を備えた合理主義者も恩義で時勢を見誤ったか、敗軍の将となって斬首される結末を招いた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


小西行長の居城・宇土城
ut.宇土城 005


                          <参考文献:戦国武将がよくわかる本(編集者:レッカ社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ