織田信長が“友”と呼んだ「丹羽長秀」

『秀吉選択は生涯最大の選択ミス』

織田信長のもと、家中5指に数えられる重臣となった丹羽長秀。

彼には通称にちなみ「鬼五郎左」と「米五郎左」という2つの異名があった。

丹羽長秀(1535-1585年)
ni.丹羽長秀

「鬼五郎左」は、重ね上げた武功からつけられ、遊撃部隊として味方の支援をする役割が多かったものの、

戦場では鬼の名に相応しい猛将ぶりを見せていた。

一方の「米五郎左」は、軍事だけでなく政治面でも手腕を発揮したことから、信長はこの真面目で才能ある

家臣を友と呼ぶほどに信頼し、長秀もまたそれに応え、忠義を尽くすことに喜びを感じていたという。


信長亡き後、豊臣秀吉と柴田勝家が対立すると、長秀は秀吉に協力した。

織田家の未来を思う心は秀吉も同じと信じてのことであったが、やがて秀吉は自らの野望のために織田家

をないがしろにしていく。

利用されたと気づいた時はもう遅く、織田家衰退に加担してしまった苦悩のなか、51歳で没する。

大きな失敗と無縁だった長秀にとって、秀吉に加担したことは生涯最大の選択ミスであった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



sakura 20160403



                            <参考文献:戦国武将がよくわかる本(編集者:レッカ社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

丹羽ながひでぇ~(T_T)

こんばんは。いつもお世話になっております。
ううう。ながひでぇ~(T_T)
信長の元で頑張った面々が辿った晩年は痛々しいですね。
秀吉をいまいち好きになれない一面でもありますが、トップが代わったわけですし、これも仕方ないかなぁ。

さくらちゃん、とってもきれいねーって皆が言ってますよー。
ん?てぶくろしてる?しかも、うさぴょんの。

つねまる さま

つねまるさん、こんばんわ~

そう、ながひでさんだけじゃなく、トップが替わるとみんな冷飯でしたね。
自ら主を変えていった人も同じでしょうけど、、明日はこのパターンの木曽くんです。

> ん?てぶくろしてる?しかも、うさぴょんの。

これですねー
椅子の靴下なんですよー。寒いときに愛用していました^^
3歩で脱ぎ捨てますが・・・。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ