自分の城と領地を差し出す

『盗んだ「一言」で一国を得た山内一豊』

関ヶ原で戦闘らしい戦闘もすることなく、遠州掛川城から、一躍、土佐一国20万石の太守にまで出世

したのが山内一豊です。

一豊は、三成挙兵を知らされた小山評定の席上で、家康に自分の城と領地を差し出すと発言した。

この前代未分の申し出には、はじめは驚嘆していた海道筋の諸将も、遅れてはならじと我も吾れもと

城と領地を差し出した。

小山評定碑 (小山市役所駐車場)
ko.小山評定碑

家康は、一豊の一言によって、戦わずして東海道の諸城と関ヶ原のまでの安全な道のりを手に入れ

ることができたのです。

しかし、実はこのアイデアは、一豊のものではなく、遠州浜松に城を持つ堀尾吉晴のものであったの

です。

小山の軍議に向かう途上、一豊が隣に宿陣していた吉晴を誘い、道中、家康に城と領地を差し出す

と、得意げに話すアイデアを一豊が盗んで自分のものにしたのです。

一豊に先を越された吉晴も、家康に城と領地を差し出すことを申し出るが、もはや後の祭り。

吉晴は、たいした加増を受けなかった。

吉晴が口は災いのものと言ったかどうかわかりませんが、他人のアイデアを盗み、それも舌先一枚で

20万石を得た一豊は、笑いが止まらなかったことでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



山内一豊の高知城 (高知城登城記は「こちら」です。)
ko.高知城 001




                         <参考文献:戦国武将おもしろ辞典(監修奈良本辰也)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

山内一豊

一豊と妻の像を高知城で見たことがあります。
一豊の妻の故郷説は沢山ありますね。
確か、郡上八幡の出生地説も聞いたことがあります。

春駒 さま

春駒さん、こんにちは。

春駒さん、響きがあっていいですよね^^  失礼しましたm(__)m

そうですね。
高知城の入口に勇ましい一豊さん、大手門を入ったところに名馬と一緒に千代さん
がいらっしゃいますね。

> 確か、郡上八幡の出生地説も聞いたことがあります。

郡上八幡がお千代さんの故郷らしいですよ。
一説では、初代八幡城主・遠藤盛数の娘として生まれたといいます。
お城の登山道入口の城山公園に、一豊さん、お千代さん、名馬の銅像がありまして、
この公園で、「山内一豊夫人の夕べ」として郡上踊り会場になっています。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ