大坂の陣 その5

『戦国最後の生き残り牢人たちの夢を呑んだ大坂城』

10月1日、家康は大坂討滅のため、全国の諸大名に出陣を命じた。

それに対し、大坂方も秀頼の名で諸大名に檄を飛ばすが、それに応じるものはなく、その代わりに関ヶ原で

改易された元大名やその子弟、主家を失い牢人となった者、太平の世の御殿奉公が勤まらずに主家を退

散した者、主君に私怨があって致仕した者、家康のキリシタン禁制によって牢人となった信者など、一癖も

二癖もある面々が、大坂城に続々と入城した。

後藤又兵衛(1560-1615年)
go.後藤基次

この時、入城した牢人の数は、騎乗の士が1万数千人、徒士6、7万人、雑兵5、6万人であったという。

ほとんど全国の牢人があつまったといってよい数であった。

名のある者を挙げれば

関ヶ原の敗戦によって土佐20万石を失い、寺小屋の師匠にまで身を落していた長曾我部盛親。信州上田城

で徳川秀忠率いる3万5千の将兵を足止めし、関ヶ原に遅参させた真田昌幸の二男・信繁。宇喜多家で4万

石を食み、関ヶ原では福島勢を圧倒したキリシタン武士の明石全登。黒田官兵衛から日本一の戦巧者と謳わ

れながら、主人・長政と喧嘩し、牢人した後藤又兵衛。

大名の子としては、豊前小倉城主・毛利勝信の子・勝永、五奉行のひとりであった増田長盛の子・盛次、大谷

吉継の子・義治、細川忠興の二男・興秋。

関ヶ原の戦いから15年、その間、野山に伏し、飢えを忍び、再挙の日を待っていた牢人たちの戦意は高く、1

万人も女官がいながら、その姿を見ることは稀という巨大大坂城も、これら牢人たちの夢を呑みこむに十分す

ぎるものであった。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160426




                          <参考文献:戦国武将おもしろ辞典(監修奈良本辰也)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます。
漫画の風雲児たち。史実に基づいて日本史をギャグパロディーにしています。
あれ、歴史に詳しい人からどう思われているのか知りたいです。
薩摩藩の島津を含めた家臣の勇敢さが
関ヶ原での敗走のシーンで印象的です。

neneshiba さま

neneshibaさん、こんにちは。

残念ながら、まんがのことは良くわかりません。

歴史の良質の書物は少ないので、史実って難しいですよね。
歴史書といっても、100年以上の後世に書かれた物が多いですし・・・。
たぶん歴史は、自身が得た情報を基に空想する楽しみじゃないのでしょうか。

> 薩摩藩の島津を含めた家臣の勇敢さが
> 関ヶ原での敗走のシーンで印象的です。

島津軍の壮絶な「捨て奸」は、関ヶ原の戦いにおけるクライマックス
だったのでしょうね。
CG画像などを基に空想するだけでも、痛快な気持ちになれますね。
犠牲は大きすぎたようですけど。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ