大坂の陣 その12

『豊臣氏最後の生き残り、天秀尼』

豊臣秀頼と千姫の間には子はなかったが、側室の成田氏との間には一男一女があった。

男子は国松と名づけられ、1615年当時、8歳。女子は7歳になっていた。

東慶寺山門(鎌倉)
to.東慶寺山門

大坂城落城後、2人は捕らえられ、国松は豊臣氏の血を根絶やしにするため、京の六条河原で斬首された。

しかし、さすがの家康も7歳の童女を殺すには忍びがたかったのか、とはいえ大坂方の残党に担ぎ出されて

は再び乱の種になると思い、千姫の養女にして男子禁制の尼寺に入れています。

この秀頼の娘が修行を終え、住持となったのが、東慶寺20世天秀尼です。

東慶寺は、俗に「駆込寺」、「縁切寺」と呼ばれた女人救済で有名な尼寺です。

天秀尼が入寺する際、開山以来の女人救済・駆け込みの寺法の永の許しを願い、家康がそれを聞き入れ、

「権現様のお声かかり」ということで、徳川期を通じ、虐げられた女たちの最後の拠り所となったのです。

天秀尼は、その生涯を不幸な女たちの救済に捧げ、1645年に37歳の若さで没しています。

彼女自身も、女としての幸せを手にすることなく、一生を終えた不幸な女のひとりであったのでしょう。

そして、天秀尼の死により、豊臣氏の血は完全に歴史から消えたのです。


ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



千姫が寄進した東慶寺仏殿【重要文化財】 (現在は横浜三渓園に移設されています)

to.東慶寺仏殿(三渓園)


鎌倉東慶寺





                            <参考文献:戦国武将おもしろ辞典(監修奈良本辰也)>

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

すたたた

こんにちは。いつもお世話になっております。
週末は早起きして屋島へ行ったのでコメントできず失礼しました。
千姫については様々な解釈があるようですが、大阪の陣から生き延びたのが幸せだったのかまだまだわからないですね。

いいお寺の建物ですね。そうか、横浜にあるとは。
遠いわねぇ。

つねまる さま

つねまるさん、こんにちは。

んーとっ。また、四国だったようですね。
明石海峡の通行手形が自由に手に入るようですねー^^

千姫といったら、つい姫路城を思い浮かべてしまいますが、数奇な運命をドラマ化
したら面白そうですね。

> いいお寺の建物ですね。そうか、横浜にあるとは。
> 遠いわねぇ。

いや、いや、つねまるさんの車にツーリングマップル関東が載っていないだけなのでは。
関東はボロボロになっていますけど、送りましょうか^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ