出羽国米沢藩第9代藩主・上杉鷹山 その4

『財政逼迫の上杉家』

鷹山は17歳の時、上杉の家督を相続し家の規格である弾正大弼(だんじょうたいしつ)に任官

しています。

養父の重定は、まだそう老人でもなく、元気なのですが隠居したのです。

米沢城
yo.20100320 米沢城 01

その時、鷹山が詠んだ和歌があります。

“受けつぎて国の司の身となれば忘るまじきは民の父母”

国守というものは民の父母なのです。

今自分はそうなったのだから、片時も民の父母たる心がけを忘れまいという意味です。

当時、上杉家の経済状態は窮迫のドン底にあったのです。

参勤交代、手伝い普請、領内の凶作、飢饉、大洪水など、色々なことがあったためであったが、

最も大きいのは、上杉家120万石から30万石、30万石から15万石と、わずか60年の間に

急速に身代が縮小したことにあったのです。

武家が最も重んじるのは名誉です。

したがって、大名ほど格式を重んじ見栄を張るものはありません。

身代の縮小に応じて、支出を縮小することが出来ないのです。まさか15万石になってから、12

0万石の時代の支出を続けてはいなかったでしょうが、交際費などは従来どおりであったのかも

知れません。

その頃、口の悪い江戸っ子らは、

「上杉弾正大弼と紙に書いて、鍋釜に入れてくらぐら煮立てれば金気ぬきになる」

と言っていたというから、その貧乏ぶりがわかります。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160516





                          <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんにちは。お邪魔します。
120万石から15万石に縮小、、
江戸っ子に揶揄されたくらいいかに逼迫した状況だったことかと。。
わあ、pigletくん、直江様の愛の兜が凛々しくとてもお似合いですねー!!
(#^^#)♡

おきまちあき さま

おきまちあきさん、こんにちは。

いつもありがとうございます!

天地人の上杉家は上昇気流だったですけど、江戸時代は財政難が
続いたようです。
名門上杉家に応援したいですね。

pigletも直江様になって応援しています(^_^)
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ