男系が絶えるまで幽閉された土佐藩家老・野中兼山 その4

『左八郎(兼山)土佐へ』

一方、土佐の方では、

良明の母・お合は、良明の父・良平に死別した後、亡夫の弟で、山内家の家老のひとりである野中

主計益継に再嫁して、玄蕃直継を生んでいます。

つまり、良明と直継はいとこであり、異父兄弟でもあったのです。

高知城
ko.高知城 001

直継は父の後を継いで家老職をつとめていたが、子供運には恵まれません。

娘の子は2人あり、長女は同じ家老仲間の深尾家に嫁して、次女のお市が家に残っていたが、男の

子がいないので、これに婿養子を迎えなければならなかったのです。

ある時、親しく交際している小倉少助にこのことを話した。

小倉は藩の中老格で仕置役であり、人柄が練れた立派な人物で、直継は最も信頼していたのです。

相談を受けた小倉は

「勘解由良明殿の遺児で左八郎殿といわれるのが、泉州堺で母御といなさる。貧しい暮らしをしてい

なさるが、なかなか賢い立派な少年です。年は今年13の筈。わしはふとしたことから知って、機会

あるごとに訪ねて行って見ていますが、母子ながら立派な人柄と感心しきっています。お市殿と似合

いの夫婦になりますぞ」

直継の心は動いて、母子を迎え左八郎を養子とし、2年後に元服させ、伝右衛門良継と名乗らせた。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


高知城のお松さん   見事な体格ですね。
ko.高知城 006



                  <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。
見慣れた高知城を嬉しく拝見しています♪
高知では一般的に一豊公の妻は千代さんと呼びますが、
松さんというのですね、勉強不足で知りませんでした(^^ゞ
どちらにしても妻の鑑として子供の頃から親しんできました。
(私はほど遠いですが…)
兼山さん登場が待ち遠しいです^m^

daisy88 さま

daisy88さん、こんばんわー

いつもありがとうございます!

現存城の高知城はいいですねー。
数少ない現存城を毎日見ながらの環境が羨ましい限りです。

> 高知では一般的に一豊公の妻は千代さんと呼びますが、
> 松さんというのですね、勉強不足で知りませんでした(^^ゞ

私もいつも「千代さん」を使っていましたが、今回は「松さん」を使ってみました。
わかっているのは法号の「見性院」だけのようで、「千代」、「まつ」どちらも
上質の記録はないようです。

> 兼山さん登場が待ち遠しいです^m^

兼山さんは土佐藩のために貢献しましたが、反発も大きかったのでしょうね。
残念な結果となっていますね。
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ