男系が絶えるまで幽閉された土佐藩家老・野中兼山 その6

『長曾我部氏の遺臣』

地侍とは、長曾我部氏の遺臣どものことです。

長曾我部氏は土佐の長岡郡の豪族で、戦国の一時期滅亡に等しい状態になっていたが、この家に

国親という豪傑が出て、滅亡していた家を再興したが、その子の元親は親まさりの豪傑で、土佐を

平定したばかりか、四国全土を掌中に治めた。

長曾我部元親(1539-1599年)
ty.長宗我部元親

しかし、豊臣秀吉によって征伐され、その領土は土佐一国に縮められたが、戦国屈指の英雄である

ことは間違いないのです。

元親の子の盛親の代になって、関ケ原の戦いで石田方に味方したために、長曾我部氏は滅んでしま

ったのです。

しかし、その遺臣らが土佐の山野に充満していたのです。かつては元親に率いられて四国を切り平

らげた連中です。

恐ろしく強く、気も荒い。

一豊は身代が一時に3倍以上に跳ね上がったのですから、家臣の数も3倍以上にする必要があった

のです。

一豊がもし英雄的気宇ある人物なら、蒲生氏郷が伊勢松坂12万石から一挙に会津42万石に封ぜ

られた時に、秀吉の了解を得て、かつて秀吉の敵であった柴田家の一族や遺臣を召し抱えたように、

家康の許可をもらって長曾我部氏の遺臣らを召し抱えたのでしょうが、一豊という人は平凡な人柄

ですから、とうていそんな胆略はなかったのです。

おおかたは掛川で新規に召し抱えた浪人で補充し、その連中を率いて土佐に入部したのです。

長曾我部の遺臣の中から身分のよい者をいくらかは召し抱えていますが、他の地侍らは一般の百姓

同様にして捨て置いていたのです。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160531




                       <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

こんにちは^^

歴史というのはその時代の人の
性格によって違ってきそうですね。

もしやり手の人だったら..
その後は変わっていたのでは...
そんな事を思わせてくれました。

それにしても、この頃の時代、
財政難だったり、色々と苦労もありますね。


お出かけですか~~( ・ x ・ )♪

う~ん。。。

これが、後の上士、下士の歴史になって行き
幕末の土佐藩の歴史が出来るんですねぇー。

ハーモニー さま

ハーモニーさん、こんにちは。

そうですよね。
当時の人は、最大の判断をし行動に繋げたのでしょうけど、結果をもって
私たちは判断していますので、おい、オイということも出来るのですよね。

> それにしても、この頃の時代、
> 財政難だったり、色々と苦労もありますね。

参勤交代、天下普請などで、いずこの大名さんも借金地獄になっていたよう
ですね。 さすが、徳川さんですね❛︵❛

> お出かけですか~~( ・ x ・ )♪

旅うさぎpigletも8歳の高齢になりましたので、遠出は控えています。
4月末には、滋賀に行って来ましたけど・・・(^_^)

ちゃんたかぶくろ さま

ちゃんたかぶくろさん、いつもありがとうございます!

土佐藩について勉強は浅いですが、幕末の土佐藩に影響した
のでしょうね。

やはり、土佐は一豊さんでなく、長曾我部さんなのでしょうか。
肥後は、細川さんでなく、清正さんなんですよ^_^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ