肥後の鳳凰 肥後藩・細川重賢 その3

『江戸時代の大名は、みな貧乏』

細川家は、肥後の大部分(天草は天領、球磨郡が相良氏領)と豊後の一部分を領し、大大名であ

ったが、この時代は貧乏のドン底にあった。

武家の貧乏は、細川家だけでなく、軒並みそうだったのです。

費用がかかった参勤交代
sa.参勤交代

大名の収入はほぼ固定しているのに、太平が続けば生活が向上するとともに、参勤交代の制度で

旅費用が莫大なものであったのです。

江戸時代の大名は貧乏にならざるを得ない仕組みになっていて、その貧乏は4代将軍・家綱の頃

から始まっています。

なんと徳川家まで貧乏になっていたというのです。

家綱の次代綱吉は、将軍を受命すれば必ずしなければならない日光参拝を、費用がないため2年

延期しているほどです。

綱吉は金・銀貨改鋳という策、一両判の金の含有量を1/2に減らすという、つまりインフレ政

策で切り抜け、元禄の盛世にしますが、一般大名はそんな手段はとれません。

新田の開発や産業の開発などで、凌ぎきろうとしていますが、成功の例は多くありません。

このように大名は軒並み貧乏であったが、細川家は特に深刻でした。

重賢が、まだへや住み時代のことであったが、蚊帳の破れを自らつくろった。またある時、欲しい

書物があったが、金がないので、羽織を質屋に持って行かせて、それで買ったという話もあります。

内山又助という家来が、長年忠実に側近として仕えているので、これに何か品物をやりたいと思う

も、何もありません。

「お前に何かやって、久しい精勤に報いたいと思っているが、心にまかせない。ここに袴が一着あ

ることはあるが、これをやれば、あとは着流しで暮らすしかないので、やるわけにはゆかない。ゆ

るせよ」

と、言ったところ、又助は

「お品を頂戴いたしましたよりも、その心がありがとうございます」

と、感涙にむせんだという話もあります。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


「超高速参勤交代」 これは面白かったです。
sa.超高速参勤交代



                      <参考文献:覇者の条件(海音寺潮五郎薯)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

No title

私もカナダのジャパンTVでこれ見ました!

面白かったですね〜☆

No title

ご無沙汰しております!


「超高速参勤交代」みました!

こんなことが実際にあったら面白いですね

NHKで今放送している「一路」も面白いですよ

さやか さま

さやかさん、こんにちは。

返信が遅くなり申し訳ございません。

> 私もカナダのジャパンTVでこれ見ました!

見られましたか!
貧乏大名の苦悩ががよく描いていましたよね。

まにゅの子 さま

まにゅの子さん、こんにちは。

お忙しいようですね。
暑くなりますので、体調に留意されてくださいね。

> 「超高速参勤交代」みました!
> こんなことが実際にあったら面白いですね

悲惨な大名を笑いながら見てしまいました(^_^)
現実的にこれに近い大名もいたのでしょうね。

> NHKで今放送している「一路」も面白いですよ

ハイ。見てみます!
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ