秀吉の出世街道 その1

『幼名は子猿』

秀吉の記録はたくさんありますので、彼の生涯を記事にすると気が遠くなりますので、取り敢えず

関白に任官するまでを記事にしたみたいと思います。

豊臣秀吉(1537-1598年)
to.豊臣秀吉

豊臣秀吉は、天文6年(1537年)2月6日、尾張国愛智郡の中村で生まれています。

通説では、天文5年の正月元旦に日の出とともに誕生したとも言いますが、これは小瀬甫庵の「太

閤記」以下の俗説であって信用しがたいものです。

天文6年誕生説は、秀吉の御伽衆・木村由己があらわした「関白任官記」に明記してあり、真実性

が高いのでしょう。

秀吉の父は中村の農民で弥右衛門といい、母は同じく御器所村の人で、名を“なか”といった。

この“なか”が、後の大政所(天瑞院)です。

姉は“とも”(瑞竜院)、弟は小一郎(秀長)、妹は旭姫といった。

ただし、この弟妹は異父弟妹でした。

父の弥右衛門は秀吉が幼少の頃、病死したので、母の“”は織田信秀(信長の父)の同朋を務め

たという筑阿弥と再婚し、小一郎と旭姫を生んでいます。

実父の弥右衛門も信秀の足軽を務めたといわれます。

秀吉は幼名を子猿といったらしいです。

農民の小せがれのことですから、呼び名だけであったのでしょう。

「太閤記」では、幼名を日吉丸としていますが、農民の小せがれとして相応しくありません。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


pig 20160720



                     <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ