秀吉の出世街道 その11

『稲葉山城の落城』

秀吉らは大手の塀際に廻り、弟・小一郎と示し合わせておいたとおりに、酒器を竹の先に結びつけ、

塀ぎわ高く差し出した。


徳島城に大正期に建立されたハッチー像(太平洋戦争の金属供出で、残念ながら鉄砲の玉になってしまいました)
ha.蜂須賀小六 徳島城

同時に、蜂須賀小六が

「水門の樋を引き上げ、ここから押し入って打ち破れ」

と、手を上げて味方をさし招いた。

木下小一郎は、瓢箪のしるしを見ると、600余の手勢を率いて塀際に押し寄せ、小西の案内に従

って、塀に飛び乗り、水門から城内に侵入した。

城兵たちは、それを見て大騒ぎし鉄砲や矢石を飛ばし、防戦するも、折から秀吉が柴や薪の中に放

っておいた火が一時に燃え上がり、黒煙が天をつき、すさましい有様となった。

城内は上に下への大混乱です。

この大混乱に乗じ、600余の木下勢が城内に乱入して、鬨(とき)の声をあげたので、城外に控

えていた信長の大軍も、これに呼応して鬨の声を上げて攻め入り、稲葉山の井口城の二の丸まで討

ち破ったので、城主・斎藤龍興もついに降参し、城を明け渡した。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


(信長公居館跡訪問記は「こちら」です。)
gi.20140906 岐阜城



                      <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

すごい

こんにちは。いつもお世話になっております。
せんせい、お外が40度です。洗濯物が30分でかりかりです。

ハッチーの戦前の像、よくありましたねー!!
そうか、ハッチーも供出されたんですね。

やはり動き回る時代のハッチーとお猿さんはいいですね。
青春だなぁ。

つねまる さま

つねまるさん、こんにちわ~

本当に暑くて、日中の外出は控えたほうがいいですね。

お寺の鐘や銅像まで戦争に行く時代が、つい70年前だったとは凄いことですね。
文化遺産も多く消えてしまって残念ですね( ͒˃⌂˂ ͒) 

> やはり動き回る時代のハッチーとお猿さんはいいですね。
> 青春だなぁ。

そう、戦いに明け暮れる青春時代だったのでしょう。今の私たちより充実した時を
過ごしたのでしょう。
充実した時間を想像してしまいます^^
プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ