戦国乱世 その13

『今川義元の上洛』

将軍家は細川氏らの傀儡(かいらい)となったのに始まり、細川・三好・六角及び大内の諸氏が

その勢力消長のままに、その擁立を繰り返したが、天文末年からは将軍・義輝を擁した三好長慶

が京畿に覇をとなえる形勢となり、将軍家の権威が復活してくるようにみえたという。

このタイミングで今川義元が上洛を決意したのです。

今川義元
im.今川義元 002

今川氏は将軍家一族として、その創業時代には管領家にまさる権勢を発揮した家柄であったの

で、常に関東公方の監視役にあてられていた。いわば足利将軍家の東境の重鎮であったのです。

応仁の乱にも参加しています。

いちはやく公卿の子女を東海に迎えたり、公卿や文芸人のパトロンとなって貴族化大名の伝統

を輝かせていたのです。

今川氏は尾張にもその所領を持ち、東海道4ヵ国に勢威を張るという実力もあった。

たまたま大内氏が将軍・義稙を擁して管領代となったことにも刺激され、義元が上洛を決意し

たのも当然のことだったのでしょう。

その大内氏が倒れ、家臣・陶晴賢の弑逆にあい、また晴賢も毛利元就に厳島の戦いで返り討た

れた。

義元は、武田・北条氏らの勃興を将軍家の権力によって抑えるため、また陪臣・三好長慶の栄

達を制し、これに代わろうとして上洛を決意したのでしょう。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



pig 20160916



                       <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ