戦国乱世 その23

『上昇・転化』

足利政権は鎌倉幕府のいわば繰り返しで、南北朝動乱の繰り返しが戦国動乱となった感もあり

ます。

真に土地に立脚する者に最終の勝利がおとずれますが、その成長は遅々とし、いく度も、幾度

も代表者を推しあげるが、のし上がった者はたちまち貴族側に走っていわゆる上昇・転化がくり

返された。

織田信長(1534-1582年)
od.織田信長公

そのくり返しのうちに、いちおう土地に立脚した者が社会の表面に現れたのが、戦国乱世だった

のでしょう。

これを民衆時代到来として見ることもできるのでしょうけど、真に土地に立脚した者の出現では

なかった。

天下統一の信長政権も、なお鎌倉政権のくり返しの姿になります。

民衆がその政権の基盤に成長しているので、異質的なことはいうまでもありませんが、形のうえ

では信長は、鎌倉右大将殿頼朝の再現です、信長は公家の大将を狙ったのかも知れません。

その決意は桶狭間の戦いの頃にあったのかも知れませんが、それが固まったのは1567年(永

禄10)の岐阜入城によってです。

時運もここで信長を迎え、信長の「天下布武」が進められます。




戦国乱世のタイトルで、戦国時代背景を少し勉強してみました。

次回からは、観光名所となっている城郭について勉強してみたいと思います。 

よかったら、お付き合いください。




ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。



もう、10月なのですね。

pig 20161001





                  <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ