近代の城 その14

『江戸末期に西洋式の城』

日本で西洋築城の様式を模倣した全く新しい城が出現したのが、江戸時代の末期すなわち対外

交渉の問題が緊迫して来た時期です。

函館五稜郭 (函館五稜郭登城記は「こちら」です。)
go.五稜郭 008

江戸品川の台場や大坂天保山の砲台などがその初めで、函館の五稜郭は全く西洋式の稜堡(パ

スチオン)要塞の出現です。

要するに近世日本の城は主として小銃を使用するための城であって、大砲を備える砲座を持った

城ではありません。

大砲の使用とともに日本の城が西洋式になるのは江戸時代末期まで待つことになります。

この城郭は五稜郭と呼ばれ、江戸時代末期に江戸幕府により蝦夷地の箱館(函館市)郊外に建造

された稜堡式の城郭である。同時期に築城された長野県佐久市の龍岡城も稜堡式城郭であり「五

稜郭」と呼ばれますが、単に「五稜郭」といえば函館の城郭を指す場合が多いようです。

龍岡城(信州龍岡城登城記は「こちら」です。)
ta.龍岡城 wiki



近代の城郭にお付き合い戴き、ありがとうございました。

次回は、「秀吉と桃山文化」について勉強してみたいと思います。



ランキングに参加しています
にほんブログ村 歴史ブログ 戦国時代へ

いつもありがとうございます。


sakura 004



                        <参考文献:日本の合戦(新人物往来社)>
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 歴史雑学
ジャンル : 学問・文化・芸術

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

piglet01

Author:piglet01
Piglet01のブログへようこそ!!


平成26年6月30日に100城を制覇しました!

城郭ライトアップの撮影にチャレンジします。


「日本百名城塗りつぶし同好会」にも参加しています。

会員番号:908です。

日本百名城塗りつぶし同好会

パーソナルURLは、「リンク」の「日本百名城塗りつぶし同好会」からお願いします。


*参考文献:日本100名城公式ガイドブック、Wikipedia



ランキングに参加しています

人気ブログランキングへ







20140816 郡上おどり 002-1
I LOVE 郡上おどり













最新記事
カテゴリ
FC2カウンター
リンク
月別アーカイブ